Operasi Patuh Jaya 2021 Sasar
Knalpot Bising hingga Rotator

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 20/09/2021 09:22 WIB


南ジャカルタ市の警察署交通課によって14日間行われる(※)Operation Patuh Jaya 2021(パトゥジャヤ作戦)、騒々しい排気ガスとUターンを考えている。

メトロジャヤ警察の主任監察官ファディル・イムランは、交通ルールは人たちが進歩した象徴の1つであると述べました。

そして、特徴の1つは、法律に従い、社会秩序を維持することであるとファディル氏は言いました。

(※)パトゥジャヤ作戦は、DKIジャカルタ地域の交通に対する一般市民のコンプライアンスを改善し、健康プロトコルを維持することを目的としています。

「したがって、私はすべての階級の人たちに、人道的に騒音・排気違反に対して行動を起こすように命じました。騒音公害は地域社会の快適さを非常に妨げています」とファディル氏は月曜日(9月20日)にジャカルタ警察で言いました。

ファディル氏は、騒音の多い排気ガスによる大気汚染は集中力を乱し、交通事故を引き起こす可能性があると述べた。

それだけでなく、彼によれば、この大気汚染は犯罪行為の始まりにもなり得る。

「犯罪のために、戦いや迫害さえあった」と彼は言った。

指定に従わないUターンランプの使用も目標であると述べた。

同氏はさらに、この分野の係員が、Uターンランプの使用において遵守しなければならない規定があることを教育し、理解させることが期待されていると続けた。

「3つ目は、違法なストリートレース、交通事故のリスク、感染のリスク(Covid-19)です。

この首都がより安全で快適になるように、特に週末の夜間に、違法なレースによる群衆を解散させる必要があります。」と語った。

この2021年の作戦には、1,391人の機動部隊要員と1,679人の特殊部隊要員からなる3,070人の人たちも含まれています。

さらに、ファディル氏は、2021年のパトゥジャヤ作戦の成功のベンチマークとして使用できる指標がいくつかあると述べた。

つまり、実行する際に安心を確保し、第2に、交通における違反のレベルを低減します。

「第3に、交通事故の発生率の低下。

2020年には8,204件の交通事故が発生し、9,682人の犠牲者と190億ルピアの損失が発生した」とファディル氏は述べた。

そして、次の指標は、首都とその周辺地域でのCovid-19の陽性症例と活動症例の数の減少です。

「最後に、これがすべてのグループによって改善され、法執行機関がより生産的なアプローチを行うための学習の場になることを願っています」とファディル氏は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。