KPK Panggil Anies Terkait Kasus Korupsi
Tanah Munjul Hari Ini

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 21/09/2021 06:11 WIB


汚職撲滅委員会(KPK)は本日火曜日(21/9)にジャカルタ知事アニスと州議会プラセティオ・エディマルスディ議長の事情徴収を予定しています。

アニス氏とプラセティオ氏は、東ジャカルタのシパユン、ポンドック・ランゴン、ムンジュルで土地汚職事件の証人として、容疑者のユーリー・コーネレス・ピノントアンとともに調査される。

「調査チームが、アニス氏とプラセティオ氏を含むヨーリ容疑者(Yoory Corneles Pinontoan)の目撃者の召喚を予定しているのは事実です」と、火曜日(9月21日)

KPK(汚職撲滅委員会)のスポークスパーソン代理、アリ・フィクリ氏は言った。

アリ氏は、この場合のユーリー氏と彼の友人の行動がより明確になるように、アニス氏とプラセティオ氏の声明が調査官によって必要とされたと説明した。

容疑者の事件ファイルを完成させるには、証人の証言も必要です。

「証人としての誰かの召喚は、確かに調査にとって必要になってくるので、証人の陳述から容疑者の行動はますます明確になる」と彼は言った。

この場合、プラムダ・プンバングン・サラナ・ジャヤ(Perumda Pembangunan Sarana Jaya)の前社長としてのユーリー氏は、他の人と共(計4人で)に容疑者に指名されました。 ヨーリー氏はアニス氏によって当時のポジションから外されました。

ムンジュルでの用地取得は、0ルピアの頭金プログラムを利用されました。 KPKの最初の調査結果から、州は1,525億ルピアの損失を被った疑いがあります。

この場合の他の容疑者、すなわち

アルディラ・ブリカー・アバディ・マクムル社(PT Aldira Berkah Abadi Makmur)のディレクターのルディ・ハルトノ・イスカンダル氏、

アドナラ・プロパディンド社(PT Adonara Propertindo)のディレクターのトミー・アドレィアン氏、

副所長であるアンジャ・ルントゥウェネ氏

この会社は、土地取得においてプラムダ・プンバングン・サラナ・ジャヤと協力している企業の1つです。

アドナラ・プロパティング社の事務所、サラナ・ジャヤ社ビル、およびこの事件に関連する多くの関係者の住居も、汚職防止機関の調査員によって捜索されました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。