Stok Vaksin di Jakarta 2,5 Juta,
dari Sinovac sampai Pfizer

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 21/09/2021 09:49 WIB


ジャカルタのCovid-19ワクチンの総在庫は、月曜日(9月20日)の時点で2,525,834回に達しました。 ワクチンは、シノバック、アストラゼネカ、モデルナ、ファイザーのワクチンで構成されています。

ジャカルタ保健局から提供されたデータに基づくと、ワクチンの最大の在庫は、シノバックタイプです。 ジャカルタは、州保健局の4つの管理され都市と1つの地区に1,522,652回の線量が分散していると記録されています。

さらに、DKIには、アストラゼネカワクチンが480,650回、ファイザーワクチンが320,160回、モデルナワクチンが197,372回接種されています。 これらの3種類のワクチンは、州保健局、4つの行政都市、1つの地区でも配布されています。

ジャカルタ保健サービス責任者のウィドヤストゥティ氏は、ワクチンを接種していない住民に、すぐに予防接種センターを訪問するよう呼びかけました。

データに基づくと、ワクチンを受けていないジャカルタIDカードを持っている住民は少なくとも約250万人います。

「現在、健康状態に応じて一般の人々が利用できるさまざまな種類のワクチンがあり、より安全で、地域社会に存在するあらゆるの条件元で受け入れることができます」とウィドヤストゥティ氏は述べています。

一方、月曜日(9月20日)の時点で、ジャカルタでの1回接種の達成は10,242,670人に達し、64%がジャカルタのIDカードを持っている居住者、36%が非ジャカルタIDカードを持っている居住者でした。

2回目の接種は、ワクチン接種は7,422,545人に、ジャカルタIDカードを持っている居住者の66%と非ジャカルタIDカードを持っている居住者の34%です。

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す