Gubernur BI Sebut Kasus Korporasi
China Bisa Pukul Pasar RI

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 21/09/2021 17:11 WIB


インドネシア銀行の総裁のペリー・ワルジヨ氏は、中国の企業デフォルト(不動産を中心)の問題がインドネシアを含む世界の金融市場の不確実性に影響を及ぼすと評価した。

彼は、デフォルトの影響がインドネシアの資本市場に打撃を与えたると述べた。

それにもかかわらず、ペリー氏は、インドネシアのファンダメンタルズはこのような世界的な条件下で、より目立つことになると信じています。

「確かに、それは世界の資本市場に影響を与えるので、インドネシアの資本市場に影響を及ぼします。

それは、国内要因ではなく、外部要因によるものであり、それが私たちの結論です。我々の責任では、どうもできない。」

彼は、2021年9月21日火曜日の、中銀の政策金利発表の結果に関するオンライン記者会見で述べました。

さらに、ペリー氏は、竹のカーテンの国(中国)の企業のデフォルトの問題はインドネシアの金融商品投資に影響を与えていないようだと伝えました。

これは、2021年7月から9月までの期間における15億米ドルの記録的な純流入に反映されています。

一方、彼はこの問題がインドネシア政府の証券市場のパフォーマンスに影響を与えることはないと考えています。ペリー氏によると、この問題は、最近ルピアの為替レートを上昇させている要因の1つになっているという。

これは、単に一時的なUSD為替だけだ。人民元の価値が下がるのは、明らかであるので、特に人民元建て決済の貿易では打撃になる。(編集員の意見)また、インドネシア政府は、どれだけの人民元を保有しているのか?

インドネシア銀行は、9月20日の時点で、ルピアの為替レートは平均0.94パーセント上昇し、2021年8月のレベルと比較して、繋がっているように0.18パーセント上昇したと述べた。

同氏は、「一方、政府証券と為替相場はあまり影響を与えなかった。実際、7月から9月17日まで金融商品投資が流入した」と述べた。

ちなみに、最近、企業のデフォルトの問題が中国のメディア報道を飾っており、その1つはEvergrande(恒大集団)の財政問題に関するものです。

中国の不動産大手の問題は、2008年に破産して世界的な金融危機を引き起こした、米国の銀行大手が引き起こしたリーマンショックの兄弟のようなものになるのではないかと懸念する人もいます。

Evergrandeは、3,000億米ドルまたは4,277兆ルピア(為替レートを1米ドルあたり14,256ルピアと仮定)の債務を負っており、破産する危険性があると報告されています。中国の不動産大手は、同社が債務を返済できないことをほのめかした。

同社は、前例のない困難に直面していることを認めています。しかし、彼らは破産したと言われることを否定した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。