RI di Tengah Tensi Indo-Pasifik,
China vs AUKUS

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
abu, 22/09/2021 07:13 WIB


インド太平洋の地域は、米国、英国、オーストラリア(AUKUS)間の三国間協定の後、ますます熱くなっています。

合意に基づき、キャンベラ・オーストラリアは8隻の原子力潜水艦を建造する予定です。

この計画は、インド太平洋を支配したい国としては、中国とのバランスを取ると考えられています。 北京・中国はその取引に激怒した。

一方、インドネシアは、海域の広い群島国家として、地政学的にインド太平洋の真ん中にある非提携国です。

ペリタハラパン大学(キリスト教系大学)の国際関係のオブザーバー、アレクシウス・ジェマンドゥ氏によると、計画が実現された場合、インドネシア共和国の領土が影響を受ける可能性があります。

「影響は明らかで、地域の安定は妨げられる。インドネシアの海域は原子力潜水艦によって横断されるだろう。そのため、インドネシアはその海域をより綿密に監視しなければならない」とアレクシウス氏は火曜日にCNNIndonesia.comからインタビューを受けたときに説明した。

アレクシウス氏は、敵の動きを予測するために軍拡競争の連鎖ができるだろうと述べた。一方、地域諸国はASEANの堅固さを維持するのが難しいと感じるでしょう。

「インドネシアは伝統的なASEANのリーダーとして浮上しなければならない」と彼は言った。

アレクシウス氏は、このブロックが大国によって分割される前に、ASEANの集団的態度を要求しなければならないと述べた。

「ASEANは、核兵器のない東南アジア地域へのコミットメントで、ますます関連を深めている」と彼は述べた。

インドネシアは、アジア太平洋地域だけでAUKUSと中国の間の争いに立ち向かうことはできない。

「ASEAN10カ国の集合的な態度がなければならない。軍拡競争、特に核は、インドネシアとASEANの利益と存続に逆行している」と彼は言った。

したがって、Covid-19によって引き起こされた危機からの経済回復のために、地域安定の重要性で、抵抗の物語を使い、対抗しなければなりません。

インドネシアがしなければならないもう一つのことは、核不拡散条約(TPN)を批准している国々のために、国際的な法的救済のキャンペーンを継続することです。

「核兵器を国際的に犯罪扱いするための国際的な法的措置として、ますます多くの国がTPNを批准するように」とアレクシウス氏は続けた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。