Satgas Minta Masyarakat Turut Antisipasi
Terjadinya Lonjakan Kasus Covid-19

オンラインメディア「Kompas」が伝えてます!
22/09/2021, 09:55 WIB


Covid-19タスクフォース(Satgas)のスポークスマンであるウィク・アディサスミト氏は、インドネシアでのCovid-19症例の急増のパターンは、通常、他の国で症例の急増が発生してから3か月後に発生すると述べました。

したがって、彼は、Covid-19症例の第3波が増加するのを防ぐために、警戒を強めるように国民に求めました。

火曜日(2021年9月21日)、大統領事務局のYouTubeチャンネルでウィク氏は、「今後数か月で3回目の急増に追随しないように、警戒し、健康プロトコルの規律を維持する必要がある」と述べた。

ウィク氏は、インドネシアのCovid-19症例が増加するのは、大規模なイベントや長期休暇に人が集まるという伝統的な行事の時に発生する可能性があることを思い出させました。

ウィク氏によると、「政府が設定した階層型政策(PPKMなど)の実施を国民が怠らない限り、Covid-19症例の増加を抑えることができるという。

予防接種の加速、国内外の移動の制御、地域活動の制御、3Tおよび3Mの取り組みの促進など」と述べ、さらに、過去数日間に発生したCovid-19症例の減少は、「Covid-19パンデミックは、複雑な問題が絡み合っているため、制御介入を単一で行うことはできません。

これらのさまざまな介入を一緒に実行する必要があります」と彼は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。