Covid Masuk Sekolah Berujung
Daerah Setop Belajar Tatap Muka

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 23/09/2021 06:47 WIB


そこに新しいCovid-19クラスターがあったため、いくつかの学校は対面学習を停止することを余儀なくされました。

Covid-19の蔓延を加速させないために閉鎖も行われました。

たとえば、プルバリンガ県では、151人の中学生がCOVIDに感染していると宣言されました。 フォローアップとして、プルバリンガ県・ディア・ハユニング・プラティウィ氏は対面学習プロセスを停止しました。

ディア氏は、抗原検査を受けた後、「Mrebet中学3」で61の新しい陽性症例があったと述べた。 一方、「Mrebet中学 4」は当初90人の学生がCovid-19に陽性であることがわかりました。

これらの症例を追加すると、プルバリンガのCovid-19陽性の学生の総数は151人の子供になります。

「当面の間、プルバリンガですべての対面学習の実施は、対面学習の実施に関してより厳格な「標準操作手順」ができるまで、さらなる評価が行われるまで中断された」とディア氏は水曜日(22/9)にCNNIndonesia TVに語った。

学校のクラスターもジェパラ地区で見つかりました。ジェパラ地区のペカンガンにあるレンギング・ビレッジのマドラサ・ツァナウィヤ・アルムッタキムで、25人もの生徒と3人の教師がCovid-19の陽性反応を示しました。

その結果、中部ジャワのジェパラ地区政府も、幼稚園、小学校、中学校、すべてのレベルの学校教育で対面学習を停止することを決定しました。

「評価の結果を待っている間、対面の会議は中止されました。対面の学習がいつ再び許可されるかは確認できません」と、ジェパラ県 ディアン・クリスティアンディ氏はメディア「Antara」(9月22日)を引用して述べました。

文部科学省は、2.8パーセントまたは1,296の学校が、限られた対面学習の間にCovid-19のクラスターが広がったと報告したと個別に指摘しました。 この数字は、9月20日までに46,500の学校で行った調査の結果から得られたものです。

乳幼児教育機関の局長と教育文化省の初等中等教育のジュメリ氏は、Covid-19の普及のほとんどのクラスターは、581校の小学校で発生したと詳細に述べました。

続いて、幼稚園では252校、では中学校では241校、そして、高校では107校、職業高校では70校、そして最後に13校の特別学校で報告されました。

政府が、今回のコミュニティ活動制限(PPKM)の実施中に、学校が限られた方法で対面学習を開催することを許可したことがで知られています。  対面学習を行う学校の収容数は、地域の学校とPPKMレベルによって異なります。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。