Penumpang Internasional Diwajibkan
Tes PCR di Bandara Soekarno-Hatta

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Rabu, 22 September 2021 | 21:54 WIB


スカルノハッタ空港は、回状運輸省番号74/2021の修正である運輸省番号77/2021の回状の規定を適用します。

回状に基づいて、海外からのすべての乗客が満たさなければならない条件の1つは、Covid-19テストを受けることです。

すなわち、到着空港でのリアルタイムPCR検査であり、その結果は1時間以内に公開される。

この規定はスカルノハッタ空港で適切に実施されており、着陸したばかりの海外からのすべての乗客は、インドネシア領土に入国するための入国審査を処理する前に、ターミナル3でPCRテストを受けます。

PT Angkasa Pura / AP II(空港管理会社)ムハマッド・アワルッディンの社長は、スカルノハッタ空港の利害関係者間の緊密な協力により、海外からの乗客のPCRの実装は順調に進むと述べました。

「空港運営者としてのAPIIは、利害関係者、すなわち空港当局地域I、海洋水産省の支援に感謝している。

保健省、航空会社、グランドハンドリング、COVID-19を処理するための航空タスクフォース、警察、そしてもちろん、すべての国際航空会社の乗客は、ターミナル3スカルノハッタ空港の国際線到着エリアで、PCRの義務を適切に実行できるようにしています」と、ムハンマド・アワルディン氏は水曜日(2021年9月22日)の声明で述べました。

スカルノハッタ空港のターミナル3でPCR検査サービスを提供する研究所には、リアルタイムPCR法を使用して分子迅速検査を実施するための設備もあり、この方法は運輸省令第77号に従って承認されています。

「結果は最大1時間知られているので、これは国際線の到着の流れをスムーズに保つことができ、着陸したばかりの乗客がテスト結果を待つためにあまり長く待つ必要がないテストプロセスに大いに役立ちます。」ムハンマド・アワルディン氏は言った。

AP IIは、利害関係者とともに、PCRテストを実施する際に、発着枠で、航空機の駐車スタンド、到着ゲート、および国際線の乗客用の滑走路側誘導路でも配置しました。

1日目から3日目(2021年9月19日〜9月21日)まで、スカルノハッタ空港の第3ターミナルに着陸したすべての国際線乗客、合計4,011人の乗客に対してPCRテストが実施されました。

「海外からの飛行機の乗客数は4,011人で、入国審査の前に第3ターミナルでPCR検査を受けた後、検疫所に向かいます。 PCR検査を受けていない海外からの乗客はいない」と語った。

海外からの4,011人の飛行機の乗客については、1,997人がインドネシアの移民労働者であり、2,014人が非移民労働者でした。

2021年9月22日以降、スカルノハッタ空港着陸時に海外からの乗客全員がPCR検査を受けることも確認されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。