Jurus Pemerintah Lindungi Pekerja Migran
di Luar Negeri Saat Pandemi

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Kamis, 23 Sep 2021 09:14 WIB


内容は、COVID-19の取り扱いと予防、およびインドネシア移民労働者(PMI)の就労機会の再開に関連する、配置先の国の政府/当局の分析を監視と分析。

労働大臣のイダ・ファウジアは、インドネシア移民労働者の各国への配置に関して、

2020年の大臣令No. 294によって義務付けられた、新規の適応期間中に、

滞在する特定の国の決定を、労働力開発職業紹介総局長の法令によって、サポートされると述べた。

「これまで、インドネシアの移民労働者に最善を尽くそうと努めてきました。新しい習慣に適応するには、移民労働者候補の配置にはさまざまな手続きが必要です。

検疫については、政府が促進できるように進行中です。

予算に関係しているので確定しなければならない」と述べた。

また、海外のインドネシア移民労働者については、配置国の再開に伴い、将来のインドネシア移民労働者や現インドネシア移民労働者や海外の実習生の予防接種を加速する取り組みも継続していきます。

「労働省は引き続き目的国との協議を行っており、インドネシアの移民労働者の労働機会の再開を監視および分析し続けている」とアイダ氏は付け加えた。

政府はまた、関連省庁、特に外務省および在外労働保護庁(以下の諸国、クウェート、カタール、ドイツ、マレーシア、ブルネイダルサラーム)と連携して、インドネシア移民労働者保護庁(BP2MI)の配置に関連する既存のインドネシア移民労働者・配置会社(P3MI)預金基金を使う計画を推進しています。

「私たちは、さまざまなスキームで配置される可能性のある国との覚書草案について、議論の激しさを増しています。

その後、配置国での「労働専門職員」に力を与え続けています。」とイデ氏は結論付けました。

さらに、政府は、目的国で予防接種を受ける、家を出るときは常に健康手順に従う、帰国しない、などの配置国の彼らの状態に関する最新情報を提出するなど、さまざまなアドバイスを提供することにより、海外でインドネシア移民労働者を保護するための取り組みを行っています。

香港、台湾、マレーシア、シンガポール、韓国、ブルネイ・ダルサラームなど、さまざまな国にマスクを提供する支援など。

封鎖を実施している国については、政府はユーザーや機関とのコミュニケーションなどの努力を行っています。

規制により、契約が終了したインドネシア移民労働者は、滞在を支援/促進することができ、封鎖のために機能していないインドネシア移民労働者は、引き続き規則に従って、お金が支給されます。

さらに、雇用主(会社)とのアプローチも実施され、インドネシア移民労働者に労働時間の選択を与え、当事者の規則または合意に従って賃金/給与を受け取り続け、会社がWHO基準に従って処理します。

仕事を終えて祖国に帰国するインドネシア移民労働者については、政府は関連国と調整して、出身地域へのインドネシア移民労働者の本国帰還を促します。

この調整は、インドネシアの帰国時の健康診断の要請の形として、保健省によっても実施されています。さらに、政府は、帰国した彼らが、新規事業を起こすためのプログラムや自営業を行う際の、労働者の支援をしています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。