PERSI Ungkap Banyak Warga Minta Booster,
Kalau Perlu Bayar

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 24/09/2021 05:31 WIB


インドネシア病院協会(PERSI)は、多くの非医療従事者がコロナウイルス(covid-19)ワクチン接種サービス施設のために病院に来て、COVID -19ワクチンの3回目の追加接種を要求したと述べました。

インドネシア病院協会事務局長のリア・ガルデニア・パルタクスマ氏は、これらの人たちでさえ、ワクチンブースターが利用できれば、喜んで支払うと述べた。

「問題が1つある。医療従事者ではない、非医療従事の多くの人々がブースターを要求している。このブースタープログラムが政府によって承認されていないことはわかっている。」とリア氏は聴聞会で述べた。 木曜日9月23日、<Commission IX DPR RIチャンネル>

リア氏は、この状態が病院を混乱させ、住民に教育しなければならなかったと述べた。 その後、保健省の規定に従い、彼らにはブースターが与えられるまで待つように求めた。

保健省は以前、このブースタープログラムは、すべての医療従事者、補助医療従事者、および医療施設で働く支援要員のみを対象としていることを強調していました。

2021年7月23日に公開された回覧SE HK.02 / I / 1919/2021に記載されています。

リア氏はまた、政府の方針で、そうは言われていませんが、いくつかの非医療従事者がCOVID-19ワクチンの追加免疫を受けたという、多くの関係者からの報告を受けたことを認めた。

「それで、予防接種の現場では、お金を払う必要があるとしても多くの人が尋ねるので、これは私たちにとって面倒ですが、私たちは彼らに、「支払うことができない」と言いました。

しかし、この話がどこから来たのかわかりません、多分それは違法だ」と述べた。

同じことが以前、Change.org インドネシアからなる連合によって伝えられました。

Katadata Insight Center(KIC)およびKawalCovid-19により

医療従事者でない、一般大衆にブースターを与えることに関連した16の報告。

KICの責任者、アデック・メディア・ロザ氏は、調査結果は、2021年8月6日から21日にかけてインドネシア全土に、オンラインで配布された調査の結果から得られたものであり、便宜的サンプリング法を使用して、8,299人が参加したと述べました。

一方、2.5%または162人の回答者が、インドネシアでCOVID-19ワクチンのブースター接種を受けたと主張しました。

アデック氏はまた、ブースターワクチンを受けたと主張した16人の非医療従事者のうち、25パーセントがワクチン接種の世話をしたり、管理したりした知人を持っていたと詳細に述べました。その後、そのうちの18.8%がソーシャルメディアから情報を受け取りました。

その後、さらに12.5パーセントが当局からワクチンブースターを提供されました。 さらに12.5%が会社に支払われ、残りの25%は他の理由で支払われます。

ブースターについては、保健省が来年から一般向けのブースタースキームを用意している。 一方、今年はインドネシアの医療従事者に、ブースターの提供が依然として優先されています。

保健省の保健人材計画部門長・代理を務めるマキシ・レイン・ロンドヌウ氏は、ブースター制度の費用は有料であると述べた。

彼によると、ワクチンの無料投与量は、現在208,265,720人のインドネシア人を対象としている投与量1と2にのみ与えられます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。