Duta Besar Xiao Qian: China Telah
Mengekspor 215 Juta Dosis Vaksin untuk Indonesia

オンラインメディア「Merdeka」が伝えています!
Jumat, 24 September 2021 14:53


中国の製薬会社シノバックとシノファームは、これまでに2億1500万回分のCOVID-19ワクチンをインドネシアに輸出しており、これは中国が他の国に輸出するワクチン全体の20パーセントに相当します。

中国からのワクチンも、インドネシアが確保しているCOVID-19ワクチン全体の80%をカバー。

「COVID-19パンデミックが始まって以来、中国とインドネシアはこの病気との闘いにおいてお互いを支援してきました」と、金曜日(9月24日)にシノバックワクチンの到着についてのバーチャルで声明を発表したとき、インドネシアの蕭乾中国大使は言いました。

合計5つの中国のワクチン会社が、ウイルス不活化、組換えタンパク質、アデノウイルス活性化因子、mRNAワクチンなどのさまざまな技術を通じて、研究開発、調達、生産においてインドネシアと協力してきました。

さらに、蕭乾大使は、中国はインドネシアが地域のワクチン製造センターを建設することを積極的に支援していると述べた。

「近い将来、インドネシアは自国のニーズを満たすだけでなく、ワクチンを輸出することもできると信じられている」と彼は述べた。

中国とインドネシアのワクチン協力は、第76回国連総会で習近平大統領が伝えた「ワクチンは世界の公共財にする必要がある」という原則に基づいており、開発途上国で容易なアクセスと手頃な価格を確保する必要があります。

声明を参照して、蕭乾大使は、中国はすべての人のためのグローバルヘルスコミュニティのビジョンを支持し、COVID-19との戦いにおいてインドネシアを支援すると述べた。

「中国は、インドネシアとそのパンデミックの取り組みを支援するためにできることを引き続き行うだろう」と彼は主張した。

蕭乾氏はまた、金曜日に中国からスカルノハッタ空港に100万回分のシノバックワクチンが到着した後、インドネシアに100万回分のCOVID-19ワクチンを寄付するという中国政府の公約を発表しました。

中国政府からのワクチンの到着に伴い、インドネシアは、シノバック社から無料で提供された100万回分のCOVID-19ワクチンと、中国紅十字会(中国の赤十字組織)から20万回分のシノバックワクチンを受け取りました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    4 thoughts on “中国は2億1500万回分のワクチンをインドネシアに輸出(インドネシア在「蕭乾」中国大使)

      1. コメントありがとう。ございます。
        効果が薄いとか、効果があるという、認識を政府側は、持っていないのでは、ないでしょうか?
        保健相などの行政側は、感じているかもしれませんが。
        先日のお答えは、メールいたしましたが、届いておりますか?

    1. はい、ありがとうございました。
      保健省は分かっていると思いますが、中国との力関係では無いかと思います。
      個人的な考えですが、インドネシアには人一倍意志の強い大統領が必要なのでは無いかと考えます。
      あらゆる場面で国民第一と考える方が良いと思います。

      1. ありがとうございます。
        私の感じですが、この大統領は、調整型の人だと思っていました。
        日本もそうですが、国民の健康を第一に考える、意思の強いリーダーですよね。
        同感です!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。