皆様とどうぞ共有ください!

Evergrande Hampir Bangkrut,
Ternyata Ini Biang Keroknya

インドネシア証券取引場「idxchannel」が伝えています!
Jum’at, 24 September 2021 15:14 WIB


エバーグランデ債(恒大集団)の崩壊の解決には長い時間がかかる。世界市場の低迷のボラティリティには大きな影響はない。(希望的観測なのか?編集員)

最近、市場は、世界的な金融パニックを引き起こしたと考えられている中国の不動産大手「恒大不動産」によるデフォルトのニュースに関して騒ぎになっています。

恒大集団の危機はま​​た、世界第2位の国としての中国経済を減速させる可能性があることも懸念されています。 言うまでもなく、変異し続けるコロナウイルス、制御が難しいかもしれないインフレ、そして連邦準備制度が債券の購入を阻止することに悩まされています。

問題は、恒大集団が、それとも1998年のimbroglio Long-Term Capital Management(LTCM)アジア通貨危機のようなもっと深刻なものに似ているのかということです。

フォーブスからの報告、金曜日(24/9)、バーンセングループのアナリスト、デビッドバーセン氏は、世界市場の下落のボラティリティ(*)にそれほど大きな影響はないものの、恒大集団の崩壊の解決には長い時間がかかると見ています。

(*)ボラティリティ:一般的に価格変動の度合いを示す言葉

しかし確かなことは、電気自動車、資産管理、遊園地、サッカーなど各セクターに携わる同社が900億ドル近くの債務を履行できず、債権者と共に最終的に再編されるため、恒大集団が大きな問題を抱えていることです。

恒大集団は中国最大の債券発行企業であるため、それは確かに中国に混乱を引き起こす可能性があります。 恒大集団の危機は基本的に、企業が引き受けることができる債務の額を減らすという中国政府の決定によって引き起こされました<資本主義経済とは違う点>

この政策は、恒大集団の資本危機を引き起こし、彼らは新しいアパートの建設を延期し、ベンダーやサプライヤーへの支払いを遅らせることを余儀なくされました。

その結果、多くの顧客やビジネスパートナーは、家がすぐに建つと思っていたため、満足していません。 投資家は依然として元本ローンの支払いを望んでおり、サプライヤーも支払いを望んでいます。

その理由は、それが支払われない場合、ビジネスパートナーは従業員に支払うことができず、彼ら自身の債務を履行することができないからです。 恒大集団のトラブルが株式価値の減少を助長した。

S&P 500の株式市場は、9月2日から20日までの間に5.2%下落しましたが、圧力の原因は恒大集団だけではありません。

さらに、他の中国にある大手不動産企業も規模でさえ違い、同じような状況だと報道されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

記事を読んでいただき、もっとインドネシア を知りたい方は、


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です