皆様とどうぞ共有ください!

Dubes AS Harap Penggunaan Vaksin Pfizer Percepat Penanggulangan Covid-19 di RI

オンラインメディア「Merdeka」が伝えています!
Minggu, 26 September 2021 19:34


インドネシア駐米国大使のソン・イ・キム氏は、ジャカルタのワクチン接種現場を訪れ、ファイザーが開発した、米国からインドネシアに寄贈されたCovid-19ワクチンの注射を目撃しました。

「ファイザーワクチンが実際に使用されているのを見て、インドネシアの家族を安全に保ち、インドネシア経済を安全に再開できるように近づける事ができるのは非常に励みになります」

キム大使は、米国大使館からの書面による声明で引用されているように、日曜日(9月26日)、ジャカルタのチランダック・タウンスクエアの予防接種サイトを訪問しているときに言った。

2021年6月、米国のジョーバイデン大統領は、5億回分のファイザーワクチンを世界中の国々に寄付することを約束しました。これらのコミットメントのうち、インドネシアは過去2週間で460万回の投与を受けています。

以前米国は、800万回分のモデルナのコロナワクチンを出荷していました。

「ファイザーとモダルナのワクチンのインドネシアへの最近の寄付は、命を救い、コビッドと戦うために、11億回分の安全で効果的なワクチンを世界に配布するというバイデン大統領のコミットメントの一部です」とキム大使は語った。

パンデミックに対してインドネシアを支援するための米国政府の努力は、Covid-19が世界の隅々で打ち負かされることを確実にするためにとられる行動です。

「今日ここにあるような予防接種センターを含め、インドネシアのパンデミックを克服するための努力を支援するために、1兆ルピア以上を提供できたことを嬉しく思います」と彼は言いました。

チランダック・タウンスクエアは、一時的な予防接種場所の1つで、1回目または2回目の予防接種を受けることができます。

予防接種の場所は年中無休で運営されており、州および地区/市の保健局とインドネシア陸軍と共同で管理されています。

キム大使の訪問には、保健省のシティ・ナディア・タルミジ氏、ジャカルタ州保健局のウィジャヤスティ氏、インドネシア国軍本部のピター・デウィ・アルディアント大佐、US AID(アメリカ合衆国国際開発庁)のディレクターであるリアン・ワスブルン氏も出席しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 


記事を読んでいただき、もっとインドネシア を知りたい方は、是非メルマガ登録をどうぞ!

コメントを残す