皆様とどうぞ共有ください!

Angka Reproduksi Efektif
Covid-19 Bali Masih di Atas 1

オンラインメディア「Beritasatu」が伝えています!
Senin, 27 September 2021 | 20:35 WIB


海事投資調整大臣であり、ジャワ・バリPPKMコーディネーターのルフット氏のは、インドネシアにおけるCovid-19の実効再生産率について次のように述べています。

特にジャワ島では、現在は1を下回っています。バリは減少を続けておりますが、バリだけがまだ1.01です。

「インドネシア、ジャワ、バリの実効再生産率を見ると、1を下回り続けています。今見ると、ジャワはすでに0.95、スマトラは0.98です。 バリはまだ1.01です。 だから、もう少し下がるだろう」と語った。

同様に、ジャワとバリ以外の地域でも、Covid-19の実効再生率が向上(値が下がる)しました。しかし、ルフット氏は、改善された実効再生率がすべての当事者をすぐに満足させるべきではないことを思い出させた。

「したがって、これらの数字は私たちを満足させるものではありませんが、代わりに私たちはより慎重になります」とルフット氏は言いました。

ルフット氏は、地区司令官から、西ジャワのパンガンダランの観光名所に約10,000人の住民が訪れたという報告を受けました。

この状態が適切に規制されていない場合、特に3Mヘルスプロトコルの適用、マスクの着用、手洗い、距離の維持において、Covid-19感染のクラスターが発生する可能性があり、非常に危険です。

「多分人々は家にいるのにとてもうんざりしている。このルールに注意を払う必要があります。適切に取り扱わないと危険だからです」とルフット氏は説明しました。

さらに、ルフット氏はまた、今週、特に小売、レクリエーション、公園の活動で、コミュニティの流動性が高まったことを明らかにしました。

 地方自治体は、奇数と偶数の交通規制など、さまざまな政策を取っていますが。

「この機動性は、奇数偶数から始めて、さまざまな措置が講じられたので、改善を示し続けています。 しかし、その数はまだかなり増えています。 これは私たち全員にとって懸念事項です」と語った。


記事を読んでいただき、もっとインドネシア を知りたい方は、
是非メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください