Studi: 1 Gejala Jangka Panjang Setidaknya
Ditemukan pada 37% Pasien Covid-19

オンラインメディア「Beitasatu.com」が伝えています!
Rabu, 29 September 2021 | 22:31 WIB


オックスフォード大学と国立健康研究所からの大規模な研究は、「ポストコビッド-19」症候群または一般にロングコビッド-19と呼ばれる、1つの長期症状が、ウイルスに感染後、3〜6か月後の患者の37%で発見されました。

ロンドンより

オックスフォード大学は水曜日、Covid-19から回復した27万人以上の人々の症状を調査した後、最も一般的な症状には呼吸障害、倦怠感、痛み、不安が含まれると述べた。

研究によると、長期のCovid-19症状は、以前に入院した人々の間でより頻繁であり、女性の間でわずかに一般的でした。

この研究では、長年のCovid-19症状の詳細な原​​因、その重症度、またはそれらがどのくらい続くかについては説明されていませんでした。

とはいえ、高齢者や男性は呼吸困難や認知障害が多く、若者や女性は頭痛、胃の症状、不安やうつ病が多かった。

「生存者に影響を与える可能性のある多様な症状の根底にあるメカニズムを特定する必要があります」と、研究を主導したオックスフォード大学のポール・ハリソン教授は述べた。

「この情報は、Covid-19の長期的な健康への影響を予防または効果的に治療する場合に重要になります」とハリソン氏は付け加えました。


記事を読んでいただき、解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非週刊メルマガ登録をどうぞ!

カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す