皆様とどうぞ共有ください!

Alert! Ada Ramalan Gelombang
Ketiga RI Terjadi Januari 2022

オンラインメディア「CBNCインドネシア」が伝えています!
30 September 2021 17:41


ここ数週間の国内でのCovid-19症例の発生は少なくなる傾向があり、比較的制御されています。

しかし、それはウイルスの発生が完全に消えたという意味ではありません。 現在、世界のさまざまな地域の多くの国がCovid-19の第3波に突入し始めています。

では、インドネシアはどうですか? 現在の状況で、インドネシアはCovid-19の第3の波を経験しますか?

ウダヤナ大学のイグスティ・ヌグラ・カデ・マハルディカ教授は、木曜日(2021年9月30日)に国家防災庁(BNPB)との話し合いで、「昨年のパターンから、2022年1月から2月に再び急上昇すると予測できる」と述べた。

グスティ氏は、脅威の第三波の確実に発生すると述べた。しかし、彼は、状況が7月に発生した急上昇よりもはるかに良くなるだろうと楽観的であると述べた。

政府が多くの分野でCovid-19ワクチン接種を強化しています。これは、症例が増加した場合に医療施設に負担をかからないようにしているためです。

「パターンは形成され始めている。ケースに関しては、それは来年の12月、1月、2月に再び爆発するだろう」と彼は言った。

「私たちのメッセージは、政府がすぐに予防接種をスピードアップするように、ということです。今では1日あたり150万、おそらく1日あたり200万から400万です」と彼は説明しました。

それとは別に、グスティ氏によれば、ある地域での感染による症例の増加は確実に発生するでしょう。しかし、彼はまだインドネシアが第三の波を経験しないことを望んでいます。

「うまくいけば、第三の波はないだろう」と彼は言った。


記事を読んでいただき、解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください