Kisah Madame Dewi Ikhlas Dimusuhi
Istri ke-4 Soekarno Demi Suami

オンラインメディア「Haibunda」が伝えています!
Sabtu, 02 Oct 2021 15:55 WIB


インドネシア共和国の初代大統領であるスカルノ氏とラトナ・サリ・デウィ氏の結婚式は、1962年に行われました。 当時、日本の東京で生まれた女性は6番目の妻でした。

もちろん、これは簡単な事ではありません。 通常マダム・デウィと呼ばれる女性は、スカルノの前妻から不快な扱いを受けていたことがあることを認めました。

彼女は、独立を宣言した人の4番目の妻であるハルティニ夫人からこの行動を受けました。 それでも、彼女の心は常にスカルノ氏によって強められ、彼女はそれについてあまり考えないように頼まれました。

CNNインドネシアのYouTubeチャンネルから引用したマダム・デウィ夫人は、「彼はかつて、ハルティーニ夫人についてあまり考えないでくださいと。悲しいだけです。それ以来、二度と考えたことはありません」と語った。

また、1970年6月21日のこのスカルノ夫人が亡くなるまで、デウィ夫人は実際にハルティニ夫人に会ったことがなかったことが明らかになりました。しかし、デウィ夫人は、ハルティニ夫人の友人が彼女を傷つけるために何かをしようとしていると言いました。

マダム・デウィも、特にインドネシアに友人や家族がいなかったので、傷ついたと感じました。 彼女はまた、スカルノと結婚した時は、22歳と非常に若かった。

「その間、ハルティニ夫人はインドネシアで生まれ育ちました。彼女にはたくさんの友達がいます。ジャカルタとボゴールの友達は私を傷つけるためにあらゆることを試みました。今は私が何をされたかは想像できません」と 80年前に生まれた彼女は言いました。

それでも、マダム・デウィはそれを受け入れました。「私は(スカルノ)氏のためにそれを受け入れます」と彼女は言いました。

<スカルノのメッセージ>

その後、スカルノ氏は明らかにハルティニ夫人に、この結婚について話さなかったと彼女に話しました。 彼がジャカルタの「ウィズマヤソ」で自宅軟禁されていた時になって、スカルノ氏はついにハルティニ夫人に告白した。

「ハルティーニ夫人があなたに会いに来ました。彼女はいつでもあなたに会うことが許されており、日本から直接送られた日本の雑誌を読んだことがあると思います。」

とデウィ夫人は言いました。

そこからハルティニ夫人は、スカルノとマダム・デウィにすでに娘がいることを知りました。つまり、1967年3月11日に東京で生まれたカリナ・カルティカ・サリ・デウィ・スカルノさんです。

この雑誌には、私とカリーナの写真です。その時までに、あなたは夫人にに言ったと確信していました。 夫人が知った時、これを全部隠して嘘をついたことをお詫びしてくれました。」と語った。

マダム・デウィは言った、

スカルノ氏はハルティニ夫人にメッセージを伝えた。

 「デウィは私の妻です。彼女は日本で子供を産み、彼女をあなたの妹のように扱います。良い姉妹になりなさい」と彼はスカルノのメッセージを真似て言った。


記事を読んでいただき、解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

 

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す