Vaksin Covid-19 Bisa Diberikan
kepada Penyintas Usai Sebulan Sembuh

オンラインメディア「JawaPos」が伝えています!
1 Oktober 2021, 21:32:55 WIB


Covid-19から回復した患者は、治癒が宣言されてから1か月以内にワクチン接種を受けることができます。

Covid-19処理タスクフォースのスポークスパーソンであるウィク・ディサアスミト教授は、これはCovid-19生存者のためのワクチン接種通達による保健省の規制に基づいていると説明しました。

「この回覧では、軽度から中等度の症状のあるCovid-19生存者は、治癒が宣言されてから1か月以内にCovid-19ワクチンを接種できます」とウィク氏は金曜日(1/10)の声明で述べています。

ただし、以前に重度の症状に苦しんでいたCovid-19の生存者は、治癒が宣言されてから3か月以内にのみワクチン接種を受けることができます。

保健省は、Covid-19の生存者は、軽度、中等度、重度の症状のある人の回復から3か月以降後にのみワクチンを接種できると述べていました。

一方、ウィク氏によると、現在、ワクチンの第1段階の経験者数は増え続けています。

今日の金曜日(10月1日)の時点まで、1,082,000人が居て、合計で9,200万人、つまり92,161,001人を超えています。

一方、予防接種を受けた人も637,777人増加し、合計で5,100万人以上で、正確には51,750,697人になりました。

「そして、3番目のワクチン接種者は7,993人増加し、累積数は940,475人でした。

予防接種の目標は208,265,720人です」とウィク氏は結論付けました。


記事を読んでいただき、解説付きでインドネシア を知りたい方は、是非週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト

 


皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す