Anak Fatmawati Belum Tahu Soekarno Menikahi
Ratna Sari Dewi Ketika Berkenalan

オンラインメデイア「HaiBunda」が伝えています!
Senin, 04 Oct 2021 07:40 WIB

 


スカルノの9人の妻のうちの1人は日本の血を持っていました。ラトィナ・サリ・デウィまたはデウィ・スカルノとしてよく知られている人が特立宣言者の6番目の妻になりました。彼らは1962年に結婚しました。

当時、本名が「Nemoto Naoko」のはスカルノの唯一の妻ではありませんでした。その理由は、インドネシアの初代大統領はまだファトマワティの夫であるからです。

ウィキペディア(デウィ夫人)

しかし、スカルノの3番目の妻はもはやジャカルタの州庁舎に住んでいません。デウィが言ったように、当時はファトマワティの子供たちだけがまだ州庁舎にいました。

「母親のファトマワティは長い間そこに住んでいませんでした。私は宮殿で彼女の子供たち全員に紹介されました。

メガワティ、ラーマワティ、スクマワティ、彼らは長い編んだ髪をしています」とCNNインドネシアのYouTubeチャンネルから引用したデウィ夫人は言いました。

スカルノ氏とファトマワティの3人の娘に会ったほか、デウィ夫人は最年少のグル・スカルノプトラにも会いました。この東京生まれの女性は、彼女自身のカミナリの印象を持ちました。それは彼女の記憶から消える事はは決してありません。

「カミナリ、彼女の唇はいつも濡れているように見えました。彼女はとても面白いく見えました。私は彼らがジャワ舞踊を踊っているのをよく見ました。

彼らは大きなホールでジャワ舞踊を練習していました。」と通常マダムデウィと呼ばれる女性は回想します。

デウィ夫人はまた、スカルノとファトマワティの長男であるグントゥール・スカルノプトラに会って挨拶することはめったになかったと語った。

しかし、デウィ夫人の目には、メガワティと彼女の兄弟姉妹は善良で友好的な子供です。

マダム・デウィ夫人は、スカルノとファトマワティの子供たちは彼女が本当に誰であるかを知らないと率直に言った。

「当時、彼らは私が彼の妻だとは知らなかった。彼らは私が日本からのゲストだと思っていた」と彼は言った。

スカルノと結婚した後、デウィ夫人は必ずしも州庁舎に住みませんでした。彼女は民家に住んでいると主張し、スカルノ氏はいつも彼女に会いに来ました。

「あるいは、宮殿に個室ができるまで、私は彼に会うために宮殿に来ました。」と彼は言った。

彼との結婚で、デウィ夫人には「カリーナ・カルティカ・サリ・デウィ・スカルノ」という名前の娘がいます。一人娘は1967年3月11日に東京で生まれました。


記事を読んでいただき、解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す