皆様とどうぞ共有ください!

Jabodetabek Tak Turun Level PPKM Gegara Vaksinasi,
Kemenkes Ungkap Kendala

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Selasa, 05 Okt 2021 07:09 WIB


ジャカルタ、ボゴール、デポック、タンゲラン、ベカシ(ジャボデタベック)の計算可能なエリアは、多くのエリアでのワクチン接種率がまだ不足しているため、PPKMレベル3をまだ実装しています。

保健省は、克服しなければならない障害を伝えました。

「それは全体の目標の70%に達しておらず、高齢者はまだ60%に達していない」と保健省の担当スポークスマン・シティ・ナディア・タルミジのワクチンは月曜日(2021年10月4日)夜に連絡した。

ワクチンの目標にまだ達していない地域には、ボゴールリージェンシー、タンゲランリージェンシー、ブカシリージェンシーが含まれます。

<訪問接種サービスの取り組み>

シティ氏は、係員が各コミュニティに直接行くことによってボールを拾おうとしたと言いました。

「多くの高齢者は、デマに翻弄されて嫌がります。彼らはすでに終わった物と信じているので、訪問接種サービスを実行する必要があります。(高齢者以外にも)副作用を恐れる人はまだたくさんいます」と彼女は言います。

シティナディア氏はまた、ワクチン接種を受けていない人々のためにもっと積極的なアプローチが必要だと述べました。そうすれば、彼らは喜んでワクチン接種を受けます。

「地元の宗教指導者を巻き込む必要があり、戸別訪問を必要とします。私たちはワクチンセンターで待つことができません」と彼女は言いました。

以前、ルフット・ビンサル・パンジャイタン海事投資調整大臣は、ワクチン接種の問題により、ジャボデタベックの集塊地域がまだPPKMレベル3にあると発表しました。 一部の地域は予防接種基準を満たしていません。

ルフット氏は月曜日(10月4日)の記者会見で、「ボゴール県ではジャボデタベックの集塊が減少していない…

タンゲラン地区とベカシ地区にはまだレベル3での予防接種が不足している」と語った。

低いワクチン接種の達成度により、ますます、ジャワ島とバリ島のより多くの地域が、さらにレベル3に上昇しています。

ルフット氏は、政府はワクチン接種を増やすためのタスクフォースを形成し続けると述べた。

「レベル2からレベル3に下げなければならなかったのに、ワクチン接種数を増やすことができなかったために、繰り返しますが、84の県/市から107の県/市に増えました。

先週の基準として追加した予防接種の達成度が達成されていないため、レベルが下がっています」とルフット氏は述べています。

「このためにワクチン実施を強化しますので、今後数週間以内に200万個のワクチンを注射します。その後、実施を完了します」とルフット氏は述べています。


記事を読んでいただき、解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です