皆様とどうぞ共有ください!

Horor! Krisis Utang Evergrande Rawan Menular

オンラインメディア「detikom」が伝えています!
Selasa, 05 Okt 2021 14:04 WIB


インドネシアの投資家も心配だろう!中国内債務はある程度、支払われる可能性があるが、海外債務までは面倒を見ない中国政府という噂が、元財務官僚・経済専門家「高橋 洋一」も語っている!

債務危機が恒大集団を襲った後、中国の不動産市場に圧力がかかった。竹の国(中国)の不動産会社は、伝染性の債務危機ウイルスを恐れ始めています。

火曜日(2021年10月5日)のCNBCからの報告によると、格付け機関はいくつかの中国の不動産開発業者を格下げしました。

ファンタジアホールディングス (花様年控股集団)とシニックホールディングス(新力控股集団)

から始まり、彼らの緊張したキャッシュフロー状況のリスクがあります。

債務危機の伝染の恐れは当然で。その理由は、現在、ファンタジアは月曜日に満期を迎える債券を支払わないようになっているからです。

その結果、同社はまた、9月9日から追って通知があるまで自社株の取引を停止した。今日でも、同社の株式は今年60%近く下落しています。

しかし、紙面では、ファンタジアの債務はエバーグランデよりも小さい。ファンタジアには1,120億米ドルの債務しかありませんが、現在債務を支払うことができないエバーグランデには3,000億米ドルの延滞があります。

月曜日の<※1>フィッチレーティングスは、ファンタジアの信用格付けを当初のBからCCC-に格下げしたと述べた。

<※1>フィッチ・レーティングス は、イギリス・ロンドンおよびアメリカ合衆国・ニューヨークに本拠を置き、金融商品または企業・政府などについて、その信用状態に関する独自の格付け情報を提供する、民間企業である。

CCC格付けは、ファンタジアが実質的なデフォルトの可能性を伴うかなりの信用リスクを持っていることを意味します。Bの格付けは、デフォルトのリスクがまだあることを意味しますが、制限されていても安全性のマージンがあります。

ファンタジアだけでなく、シニックもエバーグランデの債務病に捕まってしまうようです。

シニックの信用格付けでさえかなり悪い傾向です。

火曜日の朝のS&Pグローバルレーティングは、シニックホールディングスのレーティングをCCC +からCCに格下げしました。

代理店のウェブサイトによると、CCCは、企業が現在脆弱であり、財政的コミットメントを満たすために有利なビジネス、財政的および経済的条件に依存していることを意味します。

CCレーティングは、会社がすでに非常に脆弱であることを意味します。

S&Pは、「シニックは深刻な流動性問題を経験しており、債務返済能力がほぼ使い果たされている考えているため、格付けを引き下げた」と述べた。

格付け機関は、シニックが10月18日に満期を迎えた2億4600万ドルの外貨建て債券をデフォルトする可能性が高いと述べた。

シニックの負債総額は142億米ドルです。 累積債務のため、この不動産開発業者の株式の取引は9月20日から停止されています。

恒大集団の債務問題が表面化して以来、中国の不動産セクターが脚光を浴びています。 業界ウォッチャーは、中国の成長に打撃を与える恒大危機の影響とその悪い影響の可能性を懸念しています。

これは、中国の不動産セクターが、アジアで巨大な経済能力を持つ国の国内総生産の15%を占めているためです。 アジアの<※2>ハイイールド債ファンドの多くは、中国の不動産開発業者によっても支配されています。

<※2>ハイイールド債とは、利回りが高く信用格付が低い債券のことで、ジャンクなどともいわれます。 イールド(yield)とは、直訳すると、収益、利回りという意味となります。 具体的には、格付会社などで信用格付がBB(ダブルビー)以下の評価をされている債券で、信用度が低い分、格付の高い債券より金利が高く設定されています。


記事を読んでいただき、解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す