皆様とどうぞ共有ください!

Kemenhub Hapus Batas Maksimal
Penumpang Internasional ke Soekarno-Hatta

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Selasa, 5 Oktober 2021 | 13:02 WIB


運輸省は、スカルノハッタ空港から入る国際線の乗客の最大収容人数を制限する規定を削除しました。

運輸省の民間航空局長、ノヴィ・リヤント氏は、スカルノハッタ空港でのPCR検査能力を高めることにより、乗客の滞留と健康プロトコルの違反の可能性を回避できると説明した。

したがって、厳格な健康プロトコルを実装し、適用される規制に従って8日間の検疫を実装しながら、乗客の到着を制限する必要はなくなりました。

「運輸省は、航空輸送ルートを介した新亜種の侵入を含め、Covid-19ウイルスの潜在的な拡散を抑制するためにさまざまな努力を払っています。

空港で実施できるPCR検査の制限を考えると、国際線の乗客の制限はそのための取り組みの1つです。

現在のPCR容量の増加に伴い、制限は不要になったと評価しています」と、ノヴィは火曜日(10月5日)の公式声明で述べています。

しかし、すべての利害関係者に、すべての規定を適切に実施され、最適な監督を実施することを約束するよう求めたと付け加えた。

ノヴィ氏は、現在、空港の規制当局と主催者はPCR検査の能力を高める準備ができており、その結果は最大1時間で得られると述べた。

したがって、列をなす可能性を減らすことができ、乗客はスカルノハッタ空港でのテスト中に快適なサービスを受けることができます。

「この施設は、1時間あたり600人を目標に増設され、Bio Security Level II(BSL2)ラボの要件に準拠しています」とノヴィ氏は述べています。

彼によると、運輸省はまた、航空部門が経験するだろう、さまざまな危機を予想しています。

「航空セクターがすぐに回復することを願っています。

その1つは、テスト機能を実装し、世界的および国内的にワクチン接種を増やすことです。

これら2つのことで航空業界が、感染の拡大と新しい亜種の侵入を防ぐという、良い未来を提供できると期待されています。と彼は結論付けた。


記事を読んでいただき、解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す