皆様とどうぞ共有ください!

Coast Guard China Kawal Kapal Riset
di Laut Natuna Utara

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 06/10/2021 09:22 WIB


中国政府の調査船、ハイヤンディジー10号の北ナツナ海への入港はそれだけではありませんでした。

 インドネシア海洋正義イニシアチブ(IOJI)の研究者、イマームプラコソ氏は、中国海警局によって護衛されている調査船の侵入を見たと述べた。

調査船は昨年9月末に出港した後、北ナトゥナ海域に再突入したことが知られています。

「AIS情報(船舶自動識別装置)から観察されるように、2021年10月5日の07:26 WIBでの船の位置は、座標109.3417、6.4383で、速度は9ノットで、グリッドパターンのペーシング軌道(ゆっくり)を持っています。

イマーム氏は火曜日(5/10)にCNNIndonesia.comに言った。

そのため、インドネシアの排他的経済水域(EEZ)での外国船の研究活動は、インドネシア政府の許可なしに行われた場合、違法であるため、中国の調査船の活動について明確にするよう政府に要請した。

イマーム氏は、南シナ海で「中国が支配する珊瑚島群島の物資を埋め立てる」ために、北ナツナ海に出港した船の移動が行われたのではないかと疑った。ナトゥナ諸島

以前と同じように、彼によると、北ナツナ海地域に戻る船は、研究活動を行うことでした。

「完全な物資が補充された沿岸警備隊の護衛が居るまま、少なくとももう1ヶ月はまだナツナ海にいるでしょう」とイマーム氏は言いました。

そのため、インドネシアの排他的経済水域(EEZ)での外国船の研究活動は、インドネシア政府の許可なしに行われた場合、違法であるため、中国の調査船の活動について明確にするよう政府に要請した。

同氏は、この船の活動は、国際法、すなわちUNCLOS 1982第56条第1項、第240条、第244条、第246条、および法律No. 5 1983EEZにおける科学研究活動を規制する第7条。

「活動が違法である場合、政府はインドネシアのEEZから船を追放する権利を持っている」と彼は言った。

昨年8月末から北ナツナ海で同じ船が発見されていたことが知られています。その動きのパターンから、船は調査を行っていたのではないかと疑われています。

「中国は8月31日からハイヤンディジー10号を送り、北ナトゥナで調査を開始した。調査船が9月29日に北ナトゥナ海を離れるまでにはかなりの時間がかかった」とイマーム氏は最後の最後に述べた。

昨年9月に北ナトゥナに中国の調査船が居た時は、船体番号CCG4303の沿岸警備隊の船によって護衛されていました。外国の船が検出され、その後、インドネシア国軍(TNI)はインドネシア共和国艦船を派遣し、9月15日と16日の2日間シャドウイング(捕捉)を行いました。」彼は言いました。

ボンタンのインドネシア共和国艦船は巡視艇ではなく、巡視艇への物資の配給を担当するタンカーであると彼は語った。

「私たちの意見では、インドネシア国軍は、パトロール専用のフリゲート艦やコルベットを送らないため、防備は確かに中程度です」と彼は言いました。

昨年9月の中国の調査船で、インドネシア海軍は、フリゲート艦またはコルベット艦が監視を実施しなければならない規則はなかったと述べた。


記事を読んでいただき、解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です