Turis Asing Boleh Masuk Bali 14 Oktober,
Begini Kesiapan Bandara Ngurah Rai

オンラインメディア「Tempo」が伝えています。
Selasa, 5 Oktober 2021 19:11 WIB


アンカサプラI国有株式会社は、2021年10月14日には、バリ島への国際線の扉を開く計画に沿って、バリ島のングラライ空港が外国人観光客を歓迎する準備ができていると述べました。

この計画は、2021年10月4日月曜日に、ルフット・パンジャイタン海事投資調整大臣によって以前に発表されました。

「アンカサプラI国有株式会社は、バリ島への外国人観光客向けの国際線の再開に関する政府の決定を非常に歓迎します。」と、PTアンカサプラI社長のファイクファーミ氏は2021年10月5日火曜日の声明で述べました。

政府は、2021年10月14日から、バリ島のングラライ空港を経由してバリ島への国際的な扉を再開することを決定しました。 バリ島への入国を許可されている外国人観光客は、韓国、中国、日本、アラブ首長国連邦、ニュージーランドの5か国からのみです。

ファイク氏は、特に政府によって規制されている外国人観光客の到着に対する旅行要件を満たすためのサポートに関して、バリのングラライ空港がこの方針を歓迎し、準備ができていることを確認しました。

これらの要件には、最低8日間の検疫、検疫ホテルの予約の証拠の提示、および陰性の結果を伴うCovid-19テストの実行が含まれます。

「外国人観光客のためのバリ島再開の試用期間がスムーズに進み、バリ島のすべての観光関係者の準備ができていることを実際に示すことができることを願っています。

この国の数を増やすことで、バリへの国際的な扉を広げることができるように」と語った。

バリのングラライ空港の準備には、飛行機を降りてから乗客が車で検疫ホテルに迎えられるまでの乗客の旅が含まれます。

バリ島のングラライ空港に外国人観光客が到着するまでのプロセスは次のとおりです。

1.バリ島への離陸前

バリ島に飛行機で行く前に、外国人観光客はワクチンの全量の証明を準備し、3×24時間のPCR結果を持ち、健康警告カード(HAC)に記入し、ホテルの検疫予約文書を持っている必要があります。

e-PCRの記入、入国管理書類の確認、電子税関申告書(e-CD)の記入。

2.サーモスキャナー

着陸後、外国人観光客は到着ターミナルに行き、体温をチェックします。体温が摂氏38度以下の外国人観光客は、次のプロセスを続けることができます。

一方、体温が摂氏38度を超える観光客は、別の診察室に案内されます。観察結果が健康であることが示された場合、観光客は次のプロセスを続行できます。観察結果が健康でないことを示している場合、観光客は病院を紹介されます。

3.登録カウンター

観光客登録カウンターでは、Covid-19タスクフォースの係員によってサービスを受け、外国人観光客がデータを入力し、係員がデータを管理し、バーコードを印刷します。

観光客1人あたり約10分の登録処理時間で10のカウンターがあります。

4.健康に関する書類とホテルの検疫を確認する

これら2つの書類の検査は、港湾保健局(KKP)と、KKPカウンターでの処理時間約1分のバーコードタッピングによって行われます。

5.リアルタイムPCRスワッブ検査

約1.5分のサンプリングプロセス時間で、20のRT-PCRテストブースがある外国人観光客のリアルタイムPCRスワッブサンプリング。

6.入国手続き:

約1分の検査時間で合計16のカウンターがある入国管理官による観光入国管理書類のチェック。

7.手荷物ピックアップ:

1分の処理時間で7つのコンベヤーベルトユニットがあるコンベヤーベルトで観光荷物を収集するプロセス。

したがって、1人の観光客または乗客がバリの空港への国際到着プロセスを通過するのに必要な時間は、リアルタイムPCRの結果を待つことを含め、72分です。

このため、空港では、ゲート4からゲート6に待機エリアを追加し、到着回廊を拡張しました。

バリ島ングラライ空港でのリアルタイムPCRテストサービスの準備に関して、アンカサプラI国有会社は、2つの移動式ラボ施設、20のリアルタイムPCRブース、10台のリアルタイムPCRマシンを備えたバリジンバラン病院と協力しています。

 1時間および1時間あたり合計320テスト。1日あたりの容量は3,840テストです。


記事を読んでいただき、解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す