Agar Tak Tenggelam,
Jakarta Bisa Tiru Upaya Tokyo

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
07/10/2021, 06:00 WIB


沈没する可能性のあるジャカルタを含むジャワの北海岸(パンチュラ)の沿岸地域の問題は、数年前に表面化しました。

 この脅威を回避するために、ジャカルタは地盤沈下の速度を落とすことに成功した日本の東京の例に従うことができます。

PUPR( 公共事業・公共住宅省)省の水理学および地盤工学的建物の研究開発センターの、プルンアルヤ・プラナンティア氏は、彼のチームが東京を見る機会があったと述べた。

 「東京は緩和と適応の努力をしているので、両方を行っている。地下水の使用など、片側だけを見ているわけではない」と彼は水曜日(2021年10月6日)のオンライン討論会で述べた。

彼によると、東京は<※>デルタ(三角州)の都市であるジャカルタに似た地質条件を持っています。

 「ジャカルタはデルタです、東京もデルタなので、地質学的設定は似ています。」と彼は言いました。


<※>デルタ(三角州):河口付近において、河川によって運ばれた物質が堆積することにより形成された地形である


プルン氏は、地盤沈下を抑制するために東京がいくつかの努力をしたと述べた。まず、川の堤防と沿岸の堤防を建設します。

「それで、彼らは水が本土に上がるのを防ぐために非常に大きな堤防を作りました。川と浜辺の両方から」と彼は説明しました。

第2に、桜の都は「モニタリング」も行っています。モニタリングもかなり良いです。

第3に、地下水の使用をやめます。 「これまで議論してきたこれ(地下水利用の停止)。必要なのは、この一面だけでなく、他の面も見て、地盤沈下の速度を抑える努力が必要だ」と彼は説明した。

第4に、東京は、上流部の地下貯蔵庫である洪水調節棟、すなわち地下排出水路を建設している。

洪水時では、上流からの水が入り、ゆっくりと放出されるように、彼らはそれを大きなサイズで構築しました。

しかし、インドネシア科学院、現在インドネシア、ジャカルタの地質工学-水文地質学の分野の研究教授のロバート・デリノム氏によると、東京を模倣することは依然として困難です。

 「東京のようなことをするのは難しい。インフラの資本コストだけでなく、まだ規律(秩序)がない」と彼は語った。

ですから、今のところ東京のような段階には至っていませんが、今後数年で可能になります。

「(東京の)地下の建物は確かに大きいですが、本土自身の管理が良いので、これまで使用されたことはありません」とロバート氏は終了しました。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す