皆様とどうぞ共有ください!

Gegara Miokarditis 3 Negara Setop
Sementara Vaksin Moderna, Kondisi Apa Itu?

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
Jumat, 08 Okt 2021 11:00 WIB


心筋炎の症例​​が多数報告されているため、3か国がモデルナワクチンの使用を一時的に停止しています。

心筋炎は若年成人で報告されることが多く、ほとんどの場合、2回目のワクチン接種後に発生します。

したがって、多くの国の保健当局は、30歳未満の若年成人におけるモデルナワクチンの使用を停止しただけです。

 デンマークとスウェーデンとは別に、フィンランドも最近、mRNAベースのCOVID-19ワクチンを一時停止しました。

心筋炎とは何ですか?

米国疾病予防管理センターは、予防接種や予防接種前の病状との関連を含め、心筋炎の報告を積極的に監視しています。

心筋炎は心筋の炎症であり、心膜炎は心臓の外層の炎症です。どちらの場合も、免疫のシステムが、感染やその他の引き金に反応して炎症を引き起こします。

ワクチン接種後に報告された心筋炎の症例​​は、モデルナワクチンにだけ報告されている訳ではありません。 mRNA技術を備えたファイザーワクチンも、特に青年期の少年と若年成人において、同様の副作用を報告しています。

心筋炎は、2回目のワクチン接種後によく見られます。

「通常、ワクチン接種から数日以内に、治療を受けた心筋炎または心膜炎のほとんどの患者は、投薬が良く効いて、休息してすぐに回復します」と、米国疾病予防管理センターは公式ウェブサイトで述べました。

症状が改善すると、患者は通常の日常生活に戻ることができます。心筋炎と診断された人は、運動に戻ることができるかどうか心臓専門医に相談する必要があります。

心筋炎の症状は何ですか?

心筋炎と心膜炎は両方とも次の症状を引き起こします:

胸痛

息苦しい

速い、ドキドキする心拍を持っているという感覚。

「あなたやあなたの子供がこれらの症状のいずれかを持っている場合、特にそれらがCOVID-19ワクチン接種の1週間以内に発生する場合は、医者に掛かってください。」と米国疾病予防管理センターからのメッセージ。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です