皆様とどうぞ共有ください!

Masih Ada Gedung yang Nakal Pakai Air Tanah,
Wagub DKI: Nanti Kami Beri Sanksi

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Jumat, 8 Oktober 2021 14:30 WIB


 ジャカルタでの地下水の使用はまだ続いています。 地盤沈下や大腸菌による水質汚染の脅威がありますが。 住宅とは別に、DKIにはまだ地下水を使用している大きな建物があることがわかりました。

DKIジャカルタの副知事または副知事であるアーマド・リザ・パトリア氏は、地下水を使用する、大きな建物が首都にまだあることを認めました。

「確かに、まだ地下水を使用している不法な人たちがいます。後で、地下水を使用する産業、ホテル、アパート、オフィス、モールに制裁を与えます」と、2021年10月8日金曜日の市庁舎でリザパトリア氏は言いました。

彼は、政府はしばしば地下水を使用せずに、ジャカルタ市水道公社からのきれいな水を使用するように建物に訴えたと言った。

リザ氏は以前、ジャカルタ市水道公社はジャカルタの人々の水需要の65パーセントしかカバーできていないと言っていました。

残りの人々はまだ地下水を飲んでいます。現在、DKI州政府と公共事業・公共住宅省は、ジャカルタ貯水池とは別に他の水源を準備していると彼は述べた。

リザ氏は、きれいな水の分配により、地下水の使用量が削減できると望んでいます。

このまま地下水を使い続ければ、、地盤沈下が予想されると彼は言った。

地質学と水文地質学、BRINのロバートデリノム教授は、ジャワ島の北海岸に地盤沈下または地盤沈下を継続的に経験しているいくつかの都市があると述べました。

その中には、ジャカルタ、インドラマユ、スマラン、スラバヤがあります。

これらの都市での集中的な地盤沈下と地球温暖化により、海面が上昇し、今後数年間で沈下することが懸念されています。

ロバート氏は、ジャカルタとスマランでの集中的な観察により、2つの地域の地質条件が沈下プロセスに大きく影響していることが示めされたと言いました。

1914年、チリウン川の海面と水位は同じでしたが、2011年には2.2メートル異なっていました。

2019年までの海面上昇に関するデータは、ジャカルタ湾が年間0.43センチメートル、スマラン沖で年間0.53センチメートル増加していることを示しています。

この事実から、都市全体が水没しているという意味で、北側の海岸の都市の沈没はすぐには起こらないと結論付けることができます。

ロバート氏によると、海岸に近く、圧縮されていない粘土と沖積岩で造られた都市の一部だけが沈むでしょう。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です