皆様とどうぞ共有ください!

Indonesia Masuki Era 5G,
5 Hal Ini Perlu Diketahui

オンラインメディア「Suara.com」が伝えています!
Jum’at, 08 Oktober 2021 | 19:05 WIB


インドネシアは、いくつかのインドネシアの事業者が第5世代技術を発表した後、5G時代に入る

高速、超低遅延、広いカバレッジを備えた5Gは、デジタルトランスフォーメーションとインドネシアでの<※1>インダストリー4.0の採用に向けた変革の力です。


<※1>インダストリー4.0とは「第4次産業革命」という意味合いを持つ名称であり、水力・蒸気機関を活用した機械製造設備が導入された第1次産業革命、石油と電力を活用した大量生産が始まった第2次産業革命、IT技術を活用し出した第3次産業革命に続く歴史的な変化として位置付けられている。(総務省ホームページ


5Gは、現在のテクノロジーよりも10〜100倍高速にデータを送信することを約束します。

ただし、5Gネットワ​​ークのパフォーマンスは、速度だけでなく、遅延、ワイヤレス接続の信頼性、および多数のデバイスの容量によっても測定されます。

なぜそれが重要なのですか? 今日、モバイルユーザーは、リアルタイムの応答を必要とする没入型アプリケーションをますます使用しています。

一例は、クラウドゲームとAR / VRアプリケーションです。 それでは、5Gの実装を加速できる要因は何ですか?

ジェリーソパー氏:エリクソン・インドネシアの責任者
マグヌス・エワールブリン氏:アジア太平洋地域のエリクソンの技術責任者
ロニー・ヌルマル氏:ネットワークソリューションの責任者

3人は、ネットワークによって提供される利点、5Gに関する基本、スペクトル、およびユーザーと業界のユースケースについて説明しています。


  1. 無線周波数スペクトル

    5G無線周波数スペクトルは、それぞれ異なる特性を持つさまざまな周波数範囲をカバーしています。

    3つのコンポーネントがそれぞれ、パフォーマンスとカバレッジの点で、実質的に異なる方法で市場に投入されます。 初期の展開では、カバレッジが主要な要素です。

  2. 革新的な創造性のためのハイバンド

    まず、高帯域スペクトルは、電車やバスの駅、中央ビジネス地区、ランドマーク周辺など、ユーザーが集中している都市部の屋外容量を増やすのに適しています。

    第2に、ハイバンドは、光ファイバーネットワークでまだカバーされていない郊外のビジネスエリアと住宅エリアに固定ブロードバンドを提供でき、住宅エリアに1つずつ設置されます。

    第3は、高い周波数を必要とする領域であり、5Gは、工場、倉庫、スポーツ施設、大学、病院などで新しいビジネス価値を提供できます。
  3. 驚異的な容量のミッドバンド

    5Gは、大都市圏全体で驚異的な容量を増やす可能性があります。

    <※2>ミッドバンドスペクトルは、大都市圏や高速道路に沿ってスムーズなセルラーネットワークカバレッジを提供するのに最適です。


    <※2>「ミッドバンド」 日本を含む世界の携帯キャリアの大部分が注目しているのは、いわゆる「ミッドバンド」と呼ばれる、2500〜4700MHz(2.5〜4.7GHz)帯です。


    ミッドバンド5Gスペクトルでは、数マイルで数百メガビット/秒の速度が期待できます。

    お客様は、屋外と屋内の両方で5Gにアクセスできます。

  4. 優れたカバレッジ(網羅率)のための低帯域

    低帯域でのネットワーク展開のシナリオは、大都市圏、小都市、および地方での全国的な範囲で適しています。

    最大約16kmの範囲で、4Gパフォーマンスの向上が期待できます。

    この波長は、大きなタワーの屋外と屋内の範囲をカバーします。

  5. 無線アンテナの進化

5Gでは、従来の(3G / 4G)アーキテクチャとモバイルネットワークの運用が変化しています。 より高い帯域の場合、5Gアンテナは無線と統合されています。(略)


関連記事:インドネシアで5G周波数を取得できる3つの携帯電話会社


 

カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です