皆様とどうぞ共有ください!

Top Jokowi! RI Urutan Teratas
Pemulihan Covid Asia Tenggara

オンラインメディア「CNBCインドネシア」が歌えています!
10 October 2021 11:10


日経には、日経コロナ回復指数があります。 多くの国が中国からインドネシアまで測定されています。

このインデックスは、感染管理、ワクチンの展開、および社会的流動性における国と地域を評価します。

 評価が高いほど、回復の場所が近くなり、感染が少なくなり、接種率が高くなり、社会的距離の測定が厳しくなりません。

中国は常にトップの位置にあります。 しかし、今はもはやなく、9位に落ち着かなければなりませんでした。

日経Covid-19回復指数に基づくと、パンデミックに対処するためのゼロトレランスアプローチにより、中国のランキングは下落しました。 しかし、社会を減速させて通常の生活様式に戻します。

中国とは対照的に、東南アジア諸国はランキングの上昇さえ経験しました。 そのうちの1つはインドネシアで、他の東南アジア諸国を打ち負かし、92位から54位に上昇しました。

これは、インドネシアのランキングが以前と比較して38上昇したことを意味します。 これは、この地域の他の国と比較して最も高い国です。

一方、マレーシアは前回の115位から102位に上昇したが、残念ながら最後の2位は依然として他の東南アジア諸国、すなわちフィリピンとラオスが占めており、ベトナムは下から4位である。

その後、シンガポールは以前の56位から70位または米国(US)と同等のランクに下がり、英国よりわずかに遅れました。 国は感染の指数関数的な増加と戦っていますが、ウイルスと共存する計画を放棄していません。

シンガポールの新規患者の98%は無症候性であるか、軽度の症状しかありません。 しかし、パンデミックは、シンガポール経済の長期的な存続可能性について疑問を投げかけ続けています。

フィリピンでは、毎日新しい症例が減少し始めていますが、完全な予防接種の数はまだ人口の30%未満です。 この数はASEAN諸国の間でも低いです。

政府は先月、マニラ首都圏で「きめ細かい」封鎖の裁判を行った。 政府は経済を復活させるために徐々に事業制限を緩和している。

一方、ベトナムは前の2つのランキングで最悪のパフォーマンスでした。 しかし現在、この国は「新しいワクチン」サブカテゴリで10のフルスコアを獲得しています。つまり、1人あたりのワクチンの1日量が最も多い国の上位10%に含まれています。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

2 thoughts on “トップだ!ジョコウィ氏! 東南アジアのコロナ回復トップのインドネシア

  1. あてには成りにくいランキングですね。
    検査数(分母)÷陽性判定者(分子)、が有って話しだと思います。
    陽性者数だけでは片手落ちです。

    1. コメントありがとうございます。
      国内向けですから、政府側の記事もあるという物でしょう。

コメントを残す