皆様とどうぞ共有ください!

Pemprov DKI Jakarta Terus Berupaya
Tingkatkan Vaksinasi

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Minggu, 10 Oktober 2021 | 20:28 WIB


ジャカルタ州政府は、Covid-19をいくつかの優先グループに予防接種し、<※1>3Tを実施することにより、管理を引き続き試みています。


<※1>T:テスト、追跡、および治療


この場合、健康プロトコルの実施において規律を維持するために、人たちの規律ある参加が依然として必要です。

与えられた、Covid-19ワクチン接種は曝露の影響を減らすことであるため、Covid-19ウイルスに感染する可能性はまだあります。

したがって、コミュニティが毎日の健康プロトコルについて怠惰である場合、感染する可能性があります。

ジャカルタ州政府からの最新データ(2021月10月10日)に基づいて、予防接種プロセスはまだ進行中です。

予防接種プログラムでは、

現在、合計10,620,030人(118.8%)が1回目の予防接種に参加しており、65%がジャカルタIDカードを持っている住民、35%がジャカルタ以外のIDカードを持っている住民です。

本日1回目の予防接種を受けた人の数は9,062人でした。

一方、2回目の予防接種に参加した人の総数は7,939,993人(88.8%)に達し、67%がジャカルタIDカードを持っている人、33%がジャカルタ以外のIDカードを持っている人です。

本日2回目の予防接種を受けた人の数は8,458人でした。

首都ジャカルタ特別州の治安部隊を通じて、マスクの使用やゲストブックのデータ収集の違反、およびレストランやレストランでの違反、オフィスやビジネス、および産業施設の違反など、他の形式のPPKM違反の訴追も強化されます。

課せられる制裁は、社会福祉、罰金、活動の一時停止、事業免許の取消しの形で行われます。

一方、2021年10月9日18.00 WIBの首都ジャカルタ特別州の治安部隊の日報によれば、マスク不使用による罰金は合計1,650,000ルピアの罰金で管理されています。

将来的には、人々自身が積極的に、健康プロトコルを実装し、Covid-19の感染の連鎖を断ち切ることに参加することで、より訓練されることが望まれます。

ジャカルタ州政府は、予防接種を行うために、住民が直接、予防接種会場に行くようにすることを推奨しています。

ただし、予防接種プロセスをスピードアップするために、居住者は<※1>JAKIアプリケーションまたはcorona.jakarta.go.id/vaccination Webサイトからオンラインで登録することをお勧めします。


<※2>JAKIアプリケーション

ジャカルタの州政府が提供するスマホ用アプリ「JAKI」(ジャカルタ・ニキ)は、自治体サービスに対する意見からごみのポイ捨ての苦情まで、公共サービスについて住民の声を伝えるための頼れるモバイルプラットフォームである。


登録することにより、住民は自分の予防接種の時間と場所を選択することができ、オンラインの事前スクリーニングテストを行うことができます。

予防接種の場所を見つけるために、居住者はまたグーグルマップ・アプリケーションを通してチェックできます。 「Covid-19ワクチン」を書くだけで、住民は場所を見つけ、選択した場所を見つけるためのルートに関する情報を得ることができます。

ジャカルタでワクチン接種できる18歳以上の市民のカテゴリがあります。

つまり、ジャカルタIDカードを持っている居住者、DKIジャカルタ外からのIDカードを持っているが、DKIジャカルタの居住者です。

(必ずしもコミュニティの長からではなく、町内会役員オフィサーから取得した移住地情報を持参してください)

とDKIジャカルタの外部からのIDカードを持っているDKIジャカルタの労働者(仕事場のがジャカルタにある)


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

 


ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む