ジャカルタ-バンドン高速鉄道プロジェクトが脚光を浴びています。

これは、プロジェクトに取り組んでいるいくつかの国有企業の財政状態が悪いためです。

インドネシアと中国の協力プロジェクトを救う計画として、ジョコ・ウィドド大統領は、インフラの実施の加速とジャカルタ-バンドゥン高速列車の施設。

2021年の大統領規則第93条の第4条では、ジョコウィは公的資金を使用してジャカルタ-バンドン高速列車に資金を提供することを許可しています。

以前、ジョコウィはメガプロジェクトに一切の公的資金を使わないことを何度か固く約束しました。

いくつかの関係者の注目を集めているもう一つのことは、プロジェクトの多数の中国製品と労働者です。

そのうちの一つは、中国からのレールとベアリングの輸入です。レールの寸法はR.60です。

ジャカルタ-バンドン高速鉄道用のレールは中国から直接輸入され、北ジャカルタのタンジュンプリオク港に徐々に到着します。 その他、輸入された鉄道は中部ジャワのチラチャプにあるインタン港から入ります。

人民日報(2021年10月11日)から引用では、

中国の鉄道材料であるジャカルタ-バンドン高速鉄道のレールを製造している会社は、中国鉄道材料株式会社です。

人民日報は、中国共産党(CCP)と提携している新聞である人民日報の子会社です。 中国の国営企業であるチャイナ・レイルウェイ・マテリアル株式会社は、高速鉄道用に作られた約8,000トンのR.60レールを送りました。この鉄道は、中国南部の特別自治区である広西チワン族自治区の防城港港から出荷されます。

納品は2020年11月28日から実施しています。

中国で使用されているレールの長さは実際には100メートルですが、インドネシアで構築された高速列車技術に適応し、輸送を容易にするために、レールの長さはそれぞれ50メートルです。

「ジャカルタ・バンドン高速鉄道の建設を支援するために、合計37,900トンの鉄レールを輸出しました。

これは、中国製の長さ50メートルの高速鉄道レールの最初の輸出です」とチャイナレイルウェイマテリアル株式会社のCEOワンフイ氏は述べています。

「さらに、このレールの輸出は、高速鉄道プロジェクトにおける、中国とASEAN諸国の繋がりを強化するだろう」とワンフイ氏は再び述べた。

 インドネシアでh、レールの長さが50メートルのために、インドネシアに送られ使用するためには、防城港に特別な切断施設を建設して、レールの長さの精度を確保する必要があると彼は述べた。

人民日報が発表したインドネシアへの鉄道輸出の写真では、労働者やジャーナリストが出席した輸出式でが非常に活動的でした。

輸出イベントの残りの興奮は、インドネシアへの鉄道を運ぶ輸送船が休んでいるときに防城港地域に散らばっている花の残骸から見ることができます。

 「50メートルのレールの輸出の成功は前例のないステップです。

それは高速鉄道の建設で中国と協力したいASEAN諸国に新たな手段を提供することになります」とワンフイ氏は言いました。

ジャカルタ-バンドン高速列車は、東南アジアで最初の高速列車で、時速350kmの標準速度を備えています。

ジャカルタ-バンドン高速列車は、2つの都市の時間をわずか40分に短縮し、線路長は142.3 kmで、現在3時間以上の通常の列車の移動時間よりもはるかに高速です。

レール輸送船はタンジュンプリオクに到着後、輸入された中国の鉄道は、有料道路を経由して行われます。

<以降は略>


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す