WHO Dorong Lansia Penerima
Sinovac-Sinopharm Disuntik Ketiga

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 12/10/2021 06:41 WIB


世界保健機関(WHO)のワクチン専門家グループは、中等度または重度の免疫障害経験のある人と、「シノバックワクチン」と「シノファームワクチン」を2回注射した高齢者に3回目の接種を勧めています。

免疫化に関する戦略的諮問グループ(SAGE)は、「シノバックワクチン」と「シノファームワクチン」の2回投与で免疫化された方々60歳以上の人々に、3回目の注射を行うべきであると述べました。(中略)

「SAGEは、中等度から重度の免疫不全の人には、主な予防接種の延長の一環として、WHOが承認したすべてのワクチンを追加投与することを推奨しています」と専門家グループは述べています。

「これらの個人は、「標準的な一次ワクチン接種コース」(2回で1セット)に適切に反応する可能性が低く、重度のCOVID-19感染症を発症するリスクが高い」と声明は続けた。

WHOワクチン責任者、ケイト・オブライエン氏は、免疫系が弱い人のためのCovid-19免疫のメインコースの一部として、1〜3か月待った後に追加の用量を検討する必要があると述べた。

これは、臨床試験での重度の症状、入院、死亡を防ぐためです。

ファイザー、ジョンソン&ジョンソン(J&J)、モデルナ、シノファーム、シノバック、アストラゼネカなど、いくつかのCovid-19ワクチンがパンデミック時の緊急使用についてWHOの承認を受けています。

WHOはまた、インドのBharat Biotech(バラットバイオテック)が製造したワクチンの緊急使用リスト(EUL)を付与する決定を下す寸前です。

SAGEはまた、一部の国ですでに発売されているような、一般の人々への追加のブースターを推奨していません。 11月11日に一般的なブースター用量の問題を検討すると述べた。

WHOは、ワクチンが不足している数十か国で初回投与を優先するために、年末まで一般市民向けの3回投与のモラトリアムを望んでいます。

SAGEは、これらの推奨事項を実施する場合、各国は最初にその母集団で2回投与の範囲を最大化することを目指し、次に高齢者層から、3回目の投与を行うべきであると付け加えています。

AFPによると、シノファームワクチンは69か国で使用されていることが知られており、シノバック はインドネシアを含む36か国で使用されています。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

SakuraParkHotel

Kemchiks-jktlife


祭りや

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す