FDA dan CDC Mulai Evaluasi Suntikan
Vaksin Booster Moderna dan Janssen

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Rabu, 13 Oktober 2021 19:21 WIB


今日、多くのアメリカ人がファイザーワクチンを接種しており、すでに数百万人がモデルナまたはジョンソン&ジョンソンワクチンによる追加接種を受けています。

米国食品医薬品局(FDA)と米国疾病予防管理センター(CDC)は、ワクチンの追加投与量を慎重に考え判断します。

もしそうなら、誰がいつそれを手に入れるべきか。

2つのワクチンの追加投与量する事を共有するかどうかを決定するプロセスのに入った。

一方、今週、CDCによって召集された有識者は、誰がそれを手に入れるべきかについてのより詳細な情報を提供します。

決定はCDCディレクターによって承認されなければなりません。

このプロセスは、ワクチンに対する国民の信頼を高めることを目的としています。

しかし、それは専門家と協会の間で対立と意見の不一致を引き起こしました。

たとえば、先月、CDC諮問委員会は、高齢のアメリカ人、老人ホームの入居者、および根本的な健康問題を抱える人々に対して、ワクチンを2回接種してから6か月後にファイザーブースターを承認しました。

しかし、CDCのロシェル・ワレンスキー所長は彼らのアドバイスを拒否し、教師や医療従事者などのリスクの高い職業の人々にもブースターを提供すべきであると決定しました。

一部の健康専門家は、最初の接種をする人たちを説得するための不十分な判断など混乱させると懸念しています。

彼らは、ブースターの話が人々にワクチンの有効性を誤って疑わせることになるのではないかと心配しています。

FDA有識者はモデルナとジョンソン&ジョンソンのワクチンを検討するために会合する場合、この決定はより複雑になる可能性があり、専門家は3番目のモデルナショットに元の用量の半分だけを含めるべきかどうかを議論します。

ジョンソン&ジョンソンのワクチン(1度で済むはずのワクチン)の2度目の接種の最適な時期はいつですか。

有識者はまた、規制当局がこれまで承認していない、異なるワクチンブランドの混合とマッチングの安全性と有効性についても検討します。

CDCによると、推定1億300万人のアメリカ人がファイザーの処方で完全にワクチン接種されており、6900万人がモデルナで、1500万人がジョンソン&ジョンソンでワクチン接種されています。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

    Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。