Penerbangan Internasional ke Bali
Dibuka Lagi Mulai Hari Ini

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 14/10/2021 07:29 WIB


バリ島のングラライ国際空港は、今週の木曜日(10月14日)から、外国人観光客向けの国際便を正式に開設しました。観光客のオープニングアクセスは、適用される利用規約に厳密に従って行われます。

ルフット氏は水曜日(10月13日)の公式声明で、「インドネシア共和国大統領の指示に従い、19カ国にバリ島とリアウ諸島への旅行を許可した」と述べた。 。

ルフット氏は、許可された19か国、つまりサウジアラビア、アラブ首長国連邦、ニュージーランド、クウェート、バーレーン、カタール、中国、インド、日本、韓国、リヒテンシュタイン、イタリア、フランス、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、ポーランド、ハンガリー、ノルウェー。

これら19か国の許可は、世界保健機関(WHO)の基準に基づいています。主な理由は、これらの国で確認されたCOVID-19の症例数がレベル1と2であり、陽性率が低いためです。

来訪者の要件については、出発の最低14日前に2回ワクチン接種したことの証明を添付すること。ワクチン情報は英語で作成し、3×24時間以内にPCR検査結果が陰性である必要があります。

インドネシアに入った後、観光客は5日間隔離しなければなりません。

この規定は、インドネシアの他の任意の入り口から入るこれら19か国以外の観光客にも適用され、PMI(インドネシア赤十字)、TKA(外国人労働者)、ASN(国家公務員)、WNI (インドネシア国籍)/ WNA(外国籍)などのすべてのタイプの旅行者に適用されます。

検疫期間中、インドネシアに入国する観光客は、検疫期間が終了するまで部屋/プライベートヴィラ/船(船上に住んでいる)を離れることはできず、検疫の4日目にPCR検査が再度実行されます。

さらに、検疫の料金は、すべての国際線の乗客に対して独立して実施され、政府からの提供はされません。

到着前に、バリ島とリアウ諸島への海外旅行者は、最低補償額が10億ルピアの健康保険に加入している必要があり、COVID-19を処理するための資金が含まれています。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す