皆様とどうぞ共有ください!

China Tolak Akses WHO ke Gua Kelelawar
dan Area Peternak Wuhan

オンラインメディア「Suara.com」が伝えています!
Kamis, 14 Oktober 2021 | 07:15 WIB


世界保健機関(WHO)の科学者たちは、Covid-19が最初に出現した中国の都市の西にある湖北省の恩施県にあるコウモリを含む、何百もの洞窟にアクセスしようとしました。

科学者たちはまた、パンデミックの前に何千もの野生動物を繁殖させて、知られていた近くの野生生物農場地域を調査したかった。

動物が、特にコウモリが人間に広がるウイルスの中間宿主として媒介する可能性があると信じています。

彼らによると、農場の調査はパンデミックの原因を特定する上で重要なステップです。

研究者たちは、Covid-19が中国の研究所から流失したという理論に加えて、自然感染を調査しています。

自然感染から浮かび上がってきた潜在的な理論の1つは、ウイルスがコウモリから家畜などの中間宿主に感染し、それが生鮮市場で販売されていたというものです。

一方、北京は、パンデミックは他の場所で発生したと繰り返し主張している。

しかし、地元の中国メディアによると、恩施地域の生鮮市場は2019年12月に生きた動物の販売を禁止されました。

この規定は、中国政府が武漢の生鮮市場で新しいウイルスが検出されたことを公に認めるわずか8日前でした。

世界的大流行により、恩施の6つの生鮮市場は2020年3月に閉鎖されました。 なぜ市場がこんなに早く閉まったのかは不明です。

武漢市場のサプライチェーン関係者は、パンデミックの前に武漢で販売された野生動物のいくつかは、恩施を含む湖北省から調達されたとポストに語った。

恩施の洞窟は人通りが多いことでも知られており、洞窟の入り口から約1マイルのところにいくつかの閉鎖された野生生物農場があります。

ワシントンの中国大使館のスポークスマンは、恩施の農場で飼育されたコウモリや野生動物がウイルス検査を受けたことがあるかどうかを確認できませんでした。

科学者たちは、ウィルスが武漢に入ってくる前に、洞窟の出来事が、ウイルスがコウモリから他の動物や人間にどのように広がるかについての経路を示している可能性があると信じています。

しかし、北京からのアクセス拒否があったたため、具体的なことは何もありません。

アリゾナ大学の進化生物学者であるマイケル・ウォロビー氏は、恩施の洞窟コウモリたちの中で、どんなウイルスが循環しているかについて、ウイルス学者がもっと知る必要があるとポストに語った。

「コロナウイルスを運ぶことができる家畜とコウモリの近さは私たちが心配しているものです」とウォロベイ氏は言いました。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です