Bengkak, Biaya Kereta Cepat Kini
Lebih Mahal daripada Tawaran Jepang

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
15/10/2021, 00:16 WIB


ジャカルタ-バンドン高速鉄道プロジェクトが脚光を浴びています。

これは、プロジェクトに取り組んでいるいくつかの国有企業の財政状態が悪いためです。 さらに、建設費が80億米ドル、または114.24兆ルピアに相当するため、プロジェクトは停滞する危険性があります。

 以前は、PT Kereta Api Indonesia-China(KCIC)は、ジャカルタ-バンドン高速列車の建設費を60億7000万米ドルと見積もっていた。 したがって、推定予算の膨張が80億米ドルに達した後、それは約19億米ドルまたは27.09兆ルピアに相当する増加があったことを意味します。

インドネシアと中国の協力プロジェクトを救う計画として、ジョコ・ウィドド大統領はその後、ジャカルタ-バンドン高速鉄道のインフラと施設の実施について、大統領令第107/2015号の改正である大統領規則 第93/2021号に署名しました。

2021年の大統領規則第93条の第4条では、ジョコウィは州予算を使用してジャカルタ-バンドン高速列車に資金を提供することを許可しています。

 以前、ジョコウィはこのメガプロジェクトに一切州予算を使わないことを何度か固く約束しました。

日本の提案は安い。振り返ってみると、ジャカルタ-バンドン高速鉄道プロジェクトは実際に日本が初めて提案したものでした。

 桜の国である日本は、国際協力機構(JICA)を通じてジョコウィ政府に開発提案を行っていました。 プロジェクトの提供が真剣であるため、JICAは2014年以来、実現可能性調査に資金を提供するために350万米ドルの資本を投資しています。

日本の計算に基づく高速鉄道の投資額は62億米ドルに達し、そのうち75%は、年利0.1%の40年ローンの形で日本からの融資されました。

その後、日本のロビー活動中、突然中国が現れ、同じプロジェクトの実現可能性調査を実施しました。 これは、当時の国営企業大臣のリニ・スマルノ氏から好意的な反応を受けたようです。

リニ氏は、2016年3月に中国国家発展改革委員会徐紹史との協力に関する覚書にも署名しました。

その後、中国はより安い投資価値を提供します。

つまり、国有企業グループによる、中国の所有権が40%、現地の所有権が60%の投資スキームで55億米ドルです。

推定投資額のうち、約25%は共同資本を使用して資金提供され、残りは40年の期間と年2%の金利のローンから調達されます。

さらに、中国は、この開発がインドネシアの国家歳入および歳出予算を浪費しないことを保証します。

州予算のないジャカルタ-バンドン高速列車のすべての費用の確認は、ジャカルタ-バンドン高速の実施に関する2015年の大統領令第107号の発行を通じて、ジャカルタ-バンドン高速鉄道のインフラと施設の実施ついて後にジョコウィ政府によって承認されました。

しかし、ジョコウィ氏は後に、州予算が2021年の大統領令第93号に署名することにより、高速列車への資金提供に参加できるように修正しました。

国営企業省の口実は、特別スタッフである大臣アルヤ・シヌリンガ氏のを通じて、ジャカルターバンドゥン高速鉄道プロジェクトのコスト超過は問題ない、と述べた。

彼は、Covid-19のパンデミックがこのプロジェクトの遅れの原因であり、それがジャカルターバンドゥン高速列車の膨張コストに影響を与えたと述べた。

「コロナ問題はすべてをトラブルに巻き込んだので、それについて、これについていじらないでください、他の問題も同様です」とアルヤ・シヌリンガ氏は言いました。

「そしてこの問題は自然の事であり、このトラブルも初期の建設時の事で、確かにそれはいくつかのことを少し妨げました。」と彼は続けました。

アルヤ・シヌリンガ氏は、その実施と進捗において、現在このプロジェクトの進歩状況は、ほぼ80%に達したため、非常に良好であると評価しました。

この成果により、政府はこの開発がこれ以上遅れることなく継続されることを望んでいます。

したがって、政府は州の予算を使用してジャカルタ-バンドン高速鉄道プロジェクトに資金を提供することを決定した。

「以前のさまざまな挫折がコストを増加させたプロジェクトはどこにもあります。それは確かです。

したがって、これは、この80%の非常に優れた開発を引き続き実行できるようにするために、取らなければならないステップです」と彼は言いました。

彼は、このプロジェクトが慎重な計画なしに実行されたことを否定しました。

彼によると、この高速列車プロジェクトのコスト増加は、多くの変更から切り離すことができませんでした。

 「なぜ高速列車や有料道路などを作るときに予算が増えるのか、それは確かに旅の途中で、特に長いものだった場合は、設計変更が必要です」と彼は言いました。

この変化は、この高速列車の建設で当初予測されたものとは異なる地質学的および地理的条件があったために発生しました。

「事前に、プロジェクトの予算がどのように使われるのか計画をだれにも教えてはいけない。(?)
<誰にもわからないことがある>解釈

ほぼすべての国が、特に初めて同じことを経験した」と述べた。

 「だから、変更は付き物です。設計変更は必要であり、コスト超過になります」とアルヤ・シヌリンガ氏は続けます。また、地価変動の要因もあると付け加えた。

彼は、時間の経過に伴う地価の上昇は当然のことであると強調した。

 「それは自然なことです。古くから私たちが行ってきたほとんどすべての開発において、資金や予算を膨らませた変化があったに違いありません。したがって、これら2つによってこの予算も増加した」と述べた。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す