皆様とどうぞ共有ください!

運輸省は、航空輸送による国際旅行の実施に関するガイドラインとして技術規則を発行しました。 エリアはどこですか?

これは、Covid-19パンデミック時の航空輸送による国際旅行の実施に関する指示に関する2021年の通達85を参照しています。

航空輸送の国際旅客旅行の入国制限がスカルノハッタ空港(タンゲラン)でのみ実施されている場合、

  • スカルノハッタ空港(タンジェラン)、
  • サムラトゥランギ空港(マナド)、
  • グスティングラライ空港(バリ)、
  • ハンナディム空港(バタム)、
  • ラジャハジフィサビリリア空港 (タンジュンピナン)

すべての外国人およびインドネシア国民は、以下の条件を遵守する必要があります。


  • 政府が設定した健康プロトコルに準拠する
  • 外国人は、書類またはデジタルのワクチンカードを提示する必要があり、出発の少なくとも14日前に完全な用量を接種している事。
  • インドネシア国民はワクチンカードの完全接種済みを提示する必要があります。
  • 提示しない場合は、インドネシア到着時に検疫所でワクチン接種を受けます。
  • 到着前に2回のリアルタイムPCR検査を受け、陰性証明をする。
  • 国外でワクチンを接種していない外国人は、到着前に2回のリアルタイムPCR検査を受け陰性を証明。
  • インドネシアに到着すると、検疫所でワクチン接種を受けます。
  • 彼らが12-17歳であることを条件として、外交居住許可、サービス許可の保有者は、KITASとKITAPを持っている必要があり。
  • 最大3×24時間以内に採取された出国でのPCRテストを行い、検査で陰性の結果を示します。
  • Peduli Lindungiアプリケーションの使用は必須です。
  • Peduli Lindungiアプリケーションからまたは出発空港でマニュアルで、国際E-Hacに記入します。
  • 外国人は、Covid-19にさらされた場合の検疫と治療における健康保険を含む健康保険/旅行保険に加入する必要があります。
  • 5×24時間の集中検疫を受ける必要があります。検疫施設は、インドネシアホテルレストラン協会および関連機関の要件を満たす必要があります。
  • ただし、インドネシアで勤務する外国人代表者や家族の長は、それぞれの住居で5×24時間自己検疫することができます。
  • 空港でのリアルタイムPCRテストの結果が陽性の場合、中央隔離施設で治療が行われます。外国人の場合は独自で負担し、インドネシア国民の場合は政府が負担します。
  • 外国人が自己検疫の費用を支払うことができない場合、スポンサー、入国許可を検討している省/機関/ BUMNが責任を問われます。
  • リアルタイムPCR検査4日目検疫が陰性の結果を示した場合、インドネシア国民と外国人は旅を続けることができます。

週刊ジャカルタライフ<無料>メールマガジン登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です