Kisah Sakiko yang Dicintai Bung Karno

オンラインメディア「Merdeka」が伝えています!
Jumat, 15 Oktober 2021 05:06


根本七保子(ラトナ・サリ・デウィ)氏の前、スカルノ氏は別の日本人女性、カナスエ・サキコ氏と深刻な関係を持っていました。サキコ氏、七保子氏の以下「氏」は省略させていただきます。

日本出身のスカルノ大統領の妻について話すと、大多数の人が根本七保子の別名であるラトナ・サリ・デウィ氏という名前に言及するでしょう。(デウィ氏以下「氏」は省略)

もちろん、この話は間違いではありません。スカルノ氏にとって、七保子は彼の政治生活の中で最も影響力のある妻の一人であり、特に大統領の力が衰え始めた時代にはそうでした。

「1965年9月30日の出来事の後、デウィはスカルノの最も重要な政治顧問の1人であったと言うことができます」と歴史家の黒澤愛子氏は言いました。

しかし実際には、スカルノ氏の心に立ち止まった日本人女性はデウィだけではありません。日本人とスカルノ氏のインドネシアの西原正氏という日本人作家によると、デヴィと結婚する4年前、スカルノ氏は別の日本人女性、カナスエサキコと恋愛関係にあった。

「彼女はファッションモデルです」と西原氏は語った。

しかし、西原氏とは異なり、<※1>バニティフェアVol55.1992年よれば、サキコは東京の繁華街にあるナイトクラブ、ベニバシャと呼ばれるナイトクラブでウェイトレスとして働いていたと言われました。


<※1>ヴァニティ・フェア:アメリカ合衆国のコンデナスト・パブリケーションズが発行している月刊誌である。(ウィキペディア)


スカルノ氏とサキコ自身との最初の出会いは京都で行われました。 一見したところ、彼はサキコに惹かれていたようです。 大統領の恋愛コードは木下氏によって無駄にされなかったようだ。

日本の戦争賠償からインドネシアの様々な開発プロジェクトに取り組むことに関心のある日本企業、木下グループのインドネシアのロビー活動で、木下グループの一部として「利用される」サキコ。

スカルノは本当にサキコに恋をした。 1958年、彼は銀河の第一ホテルで彼女と結婚しました。その後、彼女はイスラム教に改宗することを決心し、彼女の名前をサリク・マエサロに変更しました。

1958年の終わりに、サキコは母親と一緒に密かにジャカルタに連れて行かれました。カモフラージュとして、彼女はジャカルタで「日本人駐在員の子供たちの教師」であると主張されており、メンテンのエリートエリアにある豪華な家を与えられました。彼女の隣人は、サキコをバスキ夫人として知っています。

時が経ち、戦争賠償で忙しいスカルノ氏は、定期的に日本に通っていました。

その時、黒澤愛子氏によれば、スカルノ氏は美しい19歳の少女、根本七保子と出会った。

その後、雄弁家は再び恋に落ちました。

気づかずに、七保子氏はインドネシアでのビジネスパスをスムーズにするための、東日貿易グループ(木下のライバル会社)のメンバーであることが判明しました。

スカルノは再びロマンスに酔いしれた。喜びをもって、彼はアイドルの女の子をインドネシアに招待しました。

<しっぺ返し>があった!

七保子はその考えを歓迎した。

それで、1959年9月14日、七保子はジャカルタに来ました。

著者C.M.チョウ氏によると、七保子は一人ではありませんでした。

彼女は他の2人の美しい日本人の女の子を伴っていました。

「彼らはジャカルタの東日貿易によって特別に提供された家を用意されいました」と松田氏に語った自伝のCMチョウは書いた。

咲子は七保子の到着の匂いがした。

咲子は怒りと嫉妬を、彼女の心に焼き付けた。

七保子が到着してから2週間後、異国の地で欲求不満と追放を感じた。

カナスエ・サキコは無謀に行動し、自分の静脈をスライスして人生を終える。

「七保子がスカルノ氏のお気に入りの恋人になったので、彼は恥ずかしかった」とインドネシア独立戦争の本「パラドックス」でランバート・ギーベルズ氏は言った。

スカルノ氏は悲しい知らせを聞いてショックを受け、涙を流しました。

それから彼は部下に彼の日本人の妻の葬式を人々の注意を引くことなくきちんと世話するように頼んだ。

黒澤氏によれば、サキコの死はマスコミや観客からそのように隠されていたという。夜に葬儀が行われ、多くの人が参加しなかったのかもしれません。

「サキコはブロックPに埋葬されたが、1970年代の終わりごろ、サキコの骸骨は彼女の家族によって日本に移された…」と黒澤氏は言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト


皆様とどうぞ共有ください!

2 thoughts on “スカルノ氏に愛された、もう1人の日本人女性「サキコ」物語(更新)

  1. どちらも恋愛ではない。戦後の日本との貿易を有利に進めるため日本の企業から送り込まれたのです。
    サキコさんは重いお役目に耐える力不足だったのでしょう。デヴィさんのような強烈でしたたかな人物でないと勤められませんでした。時にはやりすぎの感もありましたけど。

    1. コメントありがとうございます。
      なるほど、大いにありますね。
      日本の企業としては、政府関連での仕事を受注するのが、容易になりますから。

      ちょっと違いますが、企業からのハニートラップ的な戦略ですね。

コメントを残す