皆様とどうぞ共有ください!

Tidak Ada Utang Tersembunyi Tiongkok
dalam Proyek Kereta Cepat

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Minggu, 17 Oktober 2021 | 10:59 WIB


国営企業大臣の特別スタッフであるアルヤ・シヌリンガ氏は、現在世間の注目を集めているジャカルタ-バンドン高速鉄道プロジェクトに関連する隠れた中国の債務はないことを強調した。

彼によると、すべての債務はインドネシア銀行の外国商業ローン(PKLN)に記録されています。

以前、アイドダタ研究所は、中国からの隠れた債務があると述べていました。隠された債務という用語は、昨年9月に作成された「一帯一路の銀行」というタイトルのレポートに登場しました。

このレポートは、165か国で8,430億米ドル相当の13,427件のプロジェクトに関するデータを分析しました。これらのプロジェクトは、300を超える中国政府機関によって資金提供されています。(国対企業)

アイドダタはその報告書の中で、インドネシアに対する中国の隠された債務は172億8000万米ドルに達し、これはインドネシアの国内総生産(GDP)の1.6パーセントに相当すると述べた。

アイドダタは、隠された債務を、借入国(お金を借りている国)政府を通じてではなく、国営企業、国営銀行、特別目的事業体、合弁事業、および民間機関を通じて中国が開発途上国に負っている債務と定義しています。

インドネシア銀行と財務省が毎月作成・公表しているインドネシアの対外債務統計によると、2021年7月末の中国からのインドネシアの対外債務総額は211.2億米ドルでした。

対外債務総額は2つに分けられます。16.6億米ドルの政府が管理する政府が管理する債務と、合計194.6億米ドルの国営企業と民間部門の債務です。



コメントを残す