皆様とどうぞ共有ください!

ルフット・ビンサル・パンジャイタン海事投資調整大臣は、インドネシアはクリスマスと年末年始のコロナの問題を防ぐことができなければならないと述べた。

成功すれば、インドネシアはコロナが風土病の地位に入ることができます。

ルフット氏は当初、クリスマスと年末年始のコロナの第3波を防ぐために、ジョコウィ大統領のメッセージを思い出させました。 ルフット氏は会議を開いたと言った。


感染症疫学の用語解説:エンデミック、エピデミック、パンデミック
https://jeaweb.jp/covid/glossary/index.html

「パンデミック」とは、国境をまたぐような「世界的な大流行」のことです。「汎流行」ともいいます。

「エンデミック」は、特定の地域などで、普段から継続的に病気が発生することです。「風土病」、「地方病」ということもあります。

「エピデミック」は、「流行」のことです。

病気の発生が、通常の状態よりも明らかに多い状態です。パンデミックまで至らない状態を指す場合もありますが、広い意味では、パンデミックもエピデミックの一種と考えることもできます。


ルフット氏は月曜日(2021年10月18日)の記者会見で、「大統領は、クリスマスと年末年始が原因で第3波が発生した場合に備えて、細心の注意を払い、すべての緩和措置を準備することを再度強調した」と述べた。

「したがって、特にPeduliLindungプログラムの使用とワクチン接種を奨励するために、その準備のためにいくつかの会議を開催しました。」とLuhut氏は述べています。

ルフット氏は続けて予防に成功した場合、インドネシアのパンデミックの状況は風土病程度に変わる可能性があります。

「これが起こるように、私たちは上手くいくだろうと思います。

そして、1月にクリスマスと新年休みを上手く超えることができれば、

私たちは風土病に入った事になると思います。

ルフット氏は、インドネシアがパンデミックから抜け出すことができると信じています。彼は、社会のすべてのレベルが新型コロナを扱う際に団結しなければならないと言いました。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です