皆様とどうぞ共有ください!

Pemerintah Gencarkan Strategi Vaksinasi
dari Pintu ke Pintu

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 22/10/2021 11:19 WIB


通信情報大臣のジョニー・G・プレート氏は、政府が予防接種の範囲を拡大するためにさまざまな戦略を取ったと述べました。その1つは、国家情報庁(BIN)によって調整された訪問接種によるものでした。

「先週の火曜日(10月19日)にタラカンのカランレホ村でジョコウィドド大統領がレビューした訪問接種は、私たち全員がすぐに共同免疫を達成できるように、予防接種目標を実現するための政府の取り組みの1つです」と彼は言いました。と木曜日(10月21日)

ジョニー氏は、ドアツードアー(door to door)ワクチン接種は、ワクチンの参加が少ない地域、人口密度の高い住宅地に住む人々、または遠隔地の人々に到達するのに効果的であると評価しました。

ジョニー氏がこのように呼ぶこのサービスは、人々ができるだけ早くワクチンを入手することを容易にし、COVID-19の蔓延からの保護と保護を提供します。

「各戸ごとの予防接種を通して、予防接種者たちは、その人々の家に来るでしょう」と彼は言いました。

ジョニー氏は、政府がインドネシアで使用されるすべてのワクチンが食品医薬品監督庁の緊急使用許可に沿って安全で効果的であることも保証していることを強調しました。

「ジョコウィ大統領は、2021年末までに、政府は人口の70パーセントがワクチン接種を受けていることを目標としていることを強調した」と彼は述べた。

10月20日現在、12:00 WIBで、インドネシアでの初回ワクチン接種の達成は1億979万人に達したと記録されています。これらのうち、一般の人たちが64.62% (要確認)が1回目の予防接種を受けています。一方、特に医療従事者向けの3回目の予防接種は108万人に達しています。

ジョニー氏はまた、予防接種に対する高い意識を持っている人々に彼の最高の感謝を表明しました。同様に、家族、親戚、周囲の環境にいる人々を予防接種に招待したい人にも。

「ワクチン接種はインドネシアでCOVID-19を管理するための重要な鍵であり、COVID-19と一緒に健康に暮らすために重要な価値ある物です。

しかし、予防接種が最大の効果を発揮することを確実にするために、政府は国民に不注意にならず、予防接種を受けたとしても健康プロトコルの実施に規律を保つように求めている」と述べた。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す