Menkes : Molnuvirapir Cegah Penderita
Covid-19 Masuk Rumah Sakit

オンランメディア「Merdeka」が伝えています!
Selasa, 26 Oktober 2021 18:44


インドネシアのブディ・グナディ・サディキン保健相は、米国でメルクが製造した抗ウイルス薬モルヌビラピルは、COVID-19患者が入院する可能性を50パーセント防ぐことができると述べた。

火曜日にジャカルタで開催されたYouTube Ekonomi RIの記者会見で、ブディ・グナディ・サディキン氏は、「この薬は、酸素飽和度が95%を超えている人々に投与されます。目標は、50%の患者が病院に入院するのを防ぐことです」と述べた。

ブディ氏によると、この薬の投与量は2 x 800 mgで、合計40錠を患者が1日2 x4錠服用する必要があります。

この薬は軽度の症状のあるCOVID-19患者のみを対象としており、病院では使用されていません。

「私たちは昨日メルクと薬の戦略について話し合った。私はモルヌビラピルのためにアメリカに行った。これは入院した人ではなく、軽度の症状のある人のための薬だ」と彼は言った。

彼は、政府がインドネシアでモルヌビラピルを調達する目的でメルクに接近したと述べた。

ブディ氏と関連当事者はまた、メルクからモルヌビラピルの購入を許可された世界のいくつかの製薬工場を訪問しました。

「12月にモルヌビラピルは来ると推定されている」と彼は言った。

ブディは、インドネシアへのこの薬調達する事と同時に、ロビー活動することに加えて、インドネシアでの開業の申し出についてメルクと話し合っています。

「私たちが国内でそれを成し遂げることができれば、私たちはより良い健康回復力を持つことができます」と彼は言いました。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト


Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す