皆様とどうぞ共有ください!

Profesor Singapura Sebut Gaya Bersahaja
Jokowi Bisa Tenangkan AS Vs China

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 27 Okt 2021 12:30 WIB


インドネシアは来年G20議長国を務めます。 シンガポールのキショア・マブバニ教授は、ジョコ・ウィドド大統領のリーダーシップの下で、インドネシアがG20で優れたリーダーシップを発揮すると信じています。

シンガポール国立大学アジア研究所の研究者は、ジョコウィの控えめで謙虚なスタイルが現時点で必要とされているものであると述べました。

彼によると、ジョコウィのリーダーシップのスタイルは、米国と中国の間の確執を静めることができます。

「ジョコウィ大統領の地味で謙虚なスタイルは、象を扱うときに必要なものです。象と呼んでいますが、中国、米国は時々彼らは虎のようにタフです。

これらの荒れ狂う象を落ち着かせてください。

「だからこそ、インドネシアはG20で優れたリーダーシップを発揮できると思います。

そして、インドネシアのG20が成功すると確信しています」と彼は付け加えました。

キショア・マブバニ氏はまた、他の国と比較して、インドネシアは過去10〜20年で非常に良い仕事をしたと述べた。

したがって、彼によると、インドネシア人は誇りに思うべきです。

「インドネシアは、世界の他のどの国よりも、10年から20年でより良い仕事をしています。 そして、あなたは祝わなければなりません。

自己満足しないで、すでに達成したことを基にしてください。実際、インドネシアが今日の達成した事は非常に難しい」と述べた。

このゴルカル研究所諮問委員会は、G20議長国を例示します。 キショア・マブバニ氏は、G20を主導するために座ることができるのは信頼性の高い国だけだと述べた。

「あなたはG20のリーダーになるための良い記録、権威、信頼を持っているからです。

国が悪い状態であるなら、G20を主催することができないからです。」

「彼らは、G20をリードすることができません。

インドネシアは、私たちが国を大事にしている、最高の開発記録を持っている、最高の民主主義を持っている。

そしてそれは、あなたにG20で良いリーダーシップを取る事ができる、信頼を与えると言うことができます」とキショア・マブバニ氏は言いました。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください