Perangkap Asmara 3 Korban Warga Jepang
Dijerat Narkoba,
Keterlibatan Oknum Polisi Indonesia?

オンラインメディア「tribunnews.com」が伝えています!
Senin, 25 Oktober 2021 18:48 WIB


2021年10月24日、日本のメディア「デイリー新潮」によって報告された、インドネシアで日本人のための美人局またはハニートラップがインドネシアで現れ始めました。

ハニートラップだけでなく、女性はホテルのロマンスルームに麻薬を残します。

女性が部屋を出た後、警察は部屋の中の麻薬を見つけ、見つけるために罠を仕掛け、日本人を脅迫した。

「現在、インドネシアでは、特に首都ジャカルタで、日本人男性が麻薬を違法に所持しているとして逮捕される一連の事件があります。しかし、彼らはツツモタセの犠牲者です」と、O氏はデイリー新潮で書いた。(2021年10月24日)

美人局は、男性と女性が共謀して行う恐喝や詐欺の一種です。

妻の故意の挑発は、餌である男に姦淫を犯すように誘う。

そして、その行為が完了した直後に夫が現れ、妻との関係を非難し、お金を脅かします。

O氏は、2021年9月末までの6か月間に少なくとも3人が被害を受けたと付け加えた。

日本人の間を流れる情報によると、その方法は次のとおりです。


Blok-Mのバーやカラオケから女性を連れてきた後、一緒にホテルにチェックインし、女性は「少し買い物をさせて」、「車の中に忘れ物があるので、ちょっとそれを持って来る」と言って部屋を出まる。

詳細は、こちらの日本の記事をどうぞ!

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す