皆様とどうぞ共有ください!

Koalisi Kritik Penurunan Harga Tes PCR
yang Tidak Transparan dan Akuntabel

オンラインメデイア「Kompas」が伝えています!
01/11/2021, 05:31 WIB


健康と正義のための市民社会連合は、透明性と説明責任の原則を反映していないPCRテストの価格を下げるという政府の方針を批判した。

これは、市民社会連合メンバーの1人であるインドネシア腐敗監視(ICW)の研究者であるワナアラムシャ氏によって伝えられました。

市民社会連合のメンバーには、インドネシア法務援助財団(YLBHI)、Lapor Covid-19およびLokataruがあります。

「この方針は、特にPCRがすべての輸送手段の要件である場合に、医療機器事業を営む特定のグループの利益に対応するためだけのものであると言われています。」

ワナ氏は日曜日(2021年10月31日)の声明文を通じて言った。

PCR検査の価格に関する規定は少なくとも数回変更されました。 パンデミックが始まった当初、PCRの料金は政府によって管理されていなかったため、価格は非常に高く、250万ルピアに達した。

その後、2020年10月、政府はPCR価格を900,000ルピアで管理をした。 10か月後、インドネシアとインドでの検査の費用を比較した一般市民からの批判により、PCRの価格は495,000ルピア- 525,000ルピアに下落しました。

「最後に、10月27日、政府は価格を275,000ルピア- 300,000ルピアに引き下げた」とワナ氏は述べた。

一方、ワナ氏は、金融開発監督庁と保健省は、テストコンポーネントの種類と価格に関する情報を伝えたことがないと述べた。 市民社会連合が保持している情報に基づくと、2020年10月以降、PCR試薬の価格は18万ルピアに過ぎません。

政府が90万ルピアの価格を設定したとき、PCR試薬分の価格はわずか20パーセントでした。他の価格要素も透明性のある方法で開示されていないため、価格の下落には明確な根拠がありません。

 「同様に、PCRの価格が35万ルピアに下がったのも情報開示に基づいていないため、特定のグループの利益に基づいて政策決定を下したことがわかります。」とワナ氏は述べた。 「これは、2020年10月以降、政府が特定のグループの多くの利益に対応している疑いがあることを意味します」と彼は言いました。

ワナ氏によると、PCR検査料金を下げる場合、政府は公衆衛生上の緊急事態の原則を使用せず、特定の企業グループの利益を優先した。

PCR検査料金の最初から最後までの一連の流れ全体からすると、少なくとも23兆ルピア以上のビジネスになっていることに気づきました。

「得られる潜在的な総利益は約10兆ルピア以上」と彼は述べた。

一方、ワナ氏はまた、すべての交通手段で旅行者にPCR検査を要求する計画を批判しました。

彼は、規定が実施されると、お金の循環と潜在的な利益が急激に増加すると説明した。 この状態は、政府が市民の安全を保証できないことを示しています。

ワナ氏は、政府が実際にPCR検査サービスの無料化を一般に提供することができると考えています。

2020年の健康セクターのCovid-19処理の予算で、使用の実績は、99.5兆ルピアの63.6パーセントに過ぎないことが知られています。

「今年の財政状態も同じです。 10月15日の時点で、保健セクター向けのCovid-19を処理するための193.9兆ルピアの予算配分のうち、53.9パーセントしか使用されていないことが知られています。」とワナ氏は述べています。


解説付きでインドネシア を知りたい方は、
是非<無料版>週刊メルマガ登録をどうぞ!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です