皆様とどうぞ共有ください!

Tak Lagi Wajib Tes PCR,
Penumpang Pesawat di Bandara Ngurah Rai
Diprediksi Meningkat

オンラインメディア「Merdeka」が伝えています!
Selasa, 2 November 2021 09:58


政府はもはやジャワとバリ地域の航空旅行者にPCR検査を要求していません。

しかし、経営陣はまだ技術規制を待っているため、この政策はバリ州のングラライ国際空港ではまだ実施されていません。

「はい、以前と同様に、他の機関からの規制によって、私たちはまだPCRを適用しています。もちろん、私たちはまだ新規制を待っているからです。」と述べた。

タウファン・ユディシュティラ氏は、火曜日(11月2日)に連絡を受けた時、バリ州の飛行場管理会社「アンカサプラI」のングラライ国際空港マネージャーとして述べた。

彼によると、迅速抗原検査の実施のための規制は長くはかからないでしょう。通常、内務大臣の指示に続いて、Covid-19タスクフォースと運輸省の通達で実施されます。

「通常は内務省から長くかからず、通達は普通は運輸省から、タスクフォースから、間もなく発令されるだろう」と彼は付け加えた。

彼はまた、この政策変更により、ングラライ空港の乗客数は10%増加すると予測されていると述べた。

「はい、それは増加すると予測されています。はい、それは少なくとも10パーセント。それは到着数は最大で7000(1日あたり)です。

週末を除いて、それは8.000と10.000に達することがあります。」とタウファン氏は言いました。

人間開発文化担当調整大臣のムハジル・エフェンディ氏は、次のように述べています。

政府は、ジャワ島とバリ州で飛行機に搭乗するための条件として、抗原スワブテストの使用を許可しています。

「旅行に変更があります。つまり、ジャワ-バリ地域の空の旅では、PCRテストを使用する必要がなくなります。」

ムハジル氏は、昨日の月曜日(11月1日)のPPKM評価会議後の仮想プレスステートメントで述べた。


 

Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください