皆様とどうぞ共有ください!

5 Hal Jadi Kunci Utama Kasus Covid-19
di Indonesia Membaik dan Penularan Rendah

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Rabu, 3 November 2021 | 06:59 WIB


Covid-19の取り扱い専門家チーム、政府のスポークスパーソン・コーディネーターのウィク・ダディサスミト氏をは次のように述べています。

これは、インドネシアで開催された取り扱いCovid-19の感染拡大の抑え込みに関する、仮想記者会見でウィク氏によって伝えられました。

  1. 2回目の陽性の症例が多かったため、自然免疫が増加したCovid-19生存者の数が増加した。
  2. 血清監視データによって証明されるように、人たちの免疫構築に貢献するように、非常に短期間に行われた重要なワクチン接種プログラムの努力と適用範囲の広げた。
  3. 地域の状況に応じて、2週間ごとに評価され続けるコミュニティ活動を地区/都市レベルで制限する努力は、伝播を抑制するのに効果的だった。
  4. インドネシアの地域間だけでなく海外からの移動を制限する努力が、輸入された症例の伝播をさらに最小限に抑えた。
  5. 慎重に社会経済部門を開放し、各部門で監督されている3M健康プロトコル(マスクの着用、距離の維持、手洗い)への規律ある取り組みを伴った。

このため、ウィク氏は、クリスマスと新年の期間に向けて、すべてのコミュニティ活動に目を光らせる必要があると述べました。 これは、34州でのポジティブケースの傾向を示しています。 その理由は、先週増加傾向を示したのは、西ジャワ、ゴロンタロ、北マルクの3つの州であるためです。

さらに、前週に増加を経験した他の6つの州、すなわちベンクル、ランプン、ジョグジャカルタ特別地域(DIY)、バンテン、西スラウェシ、およびパプアがありました。

「これは、翌週に再び増加しないように予測と注意する必要があります。最大限の保護をするために、ワクチン接種範囲を拡大する必要があります」とウィク氏は述べています。

しかし、彼はまた、ワクチン接種率が高いいくつかの国で起こっているように、ワクチン接種は蔓延を防ぐのに十分ではないと警告した。

「全用量ワクチン接種を主な対策とした国は、健康プロトコル、特にマスクの使用における緩い規律のために、症例で増加し続けています」と彼は説明しました。

このため、ウィク氏は、社会活動が正常に戻る中、伝染の可能性に気をつけるように、あらゆる社会のレベルで、さらなる健康プロトコルの規律を適用しなければなりません。

「インドネシアのCovid-19状況の改善は、この国の景気回復プロセスをサポートすることが期待されています」と彼は結論付けました。



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel


ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

購読すると最新の投稿がメールで送信されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ジャカルタライフ(JKTLIFE)をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む