皆様とどうぞ共有ください!

Tak Perlu Dicolok, Tes Covid-19
Cukup dengan Kumur-Kumur

オンラインメディア「JawaJawaPos」が伝えています!
4 November 2021, 06:53:12 WIB


Biofarma(ビオファーマ)は、最新の唾液ベースのCovid-19テストキットをうがいですぐに配布します。 その後、PCR実験室で処理されます。

現在の方法と比較して、唾液ベースのCovid-19検査は、鼻と口を塞ぐよりも快適であると考えられています。 このツールは、現在対面式の学校に戻り始めている5歳以上の子供に使用できます。

新製品の名前はBioSaliva(ビオサリバ)です。

PT Biofarma Hidayat Setiajiのマーケティングコミュニケーションおよび流通部門の責任者は、保健省から流通許可番号を取得したと述べました。

この「バイオ唾液製品」の検証テストには、3つの機関が関与しました。

  1. インドネシア大学医学部の微生物学研究所、
  2. パジャジャラン大学医学部先端生物医学研究室、
  3. アイルランガ大学医学部臨床微生物学研究室。

「このうがい試薬、バイオ唾液PCRにはいくつかの利点があります」と水曜日(11月3日)にジャカルタで開催されたキックオフ・リテックエキスポ2021でヒダヤット・スティアジ氏は述べました。

このツールは、5歳からの子供に使用できることに加えて、医療従事者とCovid-19患者との間の直接的な曝露のリスクも軽減します。

次の利点は、長期間のサンプリングに適していることです。


https://www.biofarma.co.id/id/our-product/detail/biosaliva

サイトコメント:

唾液サンプルを使用したPCR法を使用して、Covid-19を引き起こすSars-CoV2RNAを検出するためのウイルスキャリア培地。 貯蔵寿命2年。 唾液サンプルは、室温で最大30日間、-20°C、および-80°Cで安定します。


「うがいからのウイルスサンプルも低温を必要としません。 サンプルは室温で保存できるため」とヒダヤット・スティアジ氏は説明します。

これを使用した研究の結果は、感度レベルが90%以上に達することが知られています。

ヒダヤット氏によると、うがいに使用する液体は、誤って飲み込んだ場合でも安全だという。

バイオ唾液の1つのパッケージには、4つの機器があります。

それらは、

  1. 青いうがい液(うがい)チューブ、
  2. 赤い収集バッファーチューブ、
  3. アダプ​​ター、
  4. うがいの結果のサンプルを保存するためのプラスチック製のバイオハザード

まず、人々はすでに青いボトルに入っているうがい薬でうがいをします。 次に、赤いボトルにこの青いボトル液の混合します。

次に泡立つまで振る。 その後、バイオハザードプラスチックに入れます。

その後、PCRラボで処理されます。



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

2 thoughts on “綿棒を差し込む必要なし!うがいをするCovid-19テストで十分。

  1. 知りませんでした🤭
    世界最大の薬品会社スイス・ロシュ社も抗原簡易キットは鼻腔です。
    アメリカのアボット社も同じくです。
    日本では9月27日に厚労省で承認された医療用15社の抗原簡易キットが薬局や事業者等での使用が許可されて、広まりつつあります。
    この中のキットは全て鼻腔です。
    勿論この中にはロシュ社やアボット社製も含まれます。
    その製品はどの国の機関が精度を保証しているのでしょうか?
    不思議な内容です。
    日本に入国された方は唾液による抗原定量検査(空港)を経験されていると思いますが、1台数1000万円の高度医療機器を使っての検査です。
    この高度医療機器メーカーも前出の15社に入っていますが、簡易キットは鼻腔です。
    個人的な見解ですが、どうもインドネシアには、紛い物とは言いませんが、いい加減な医療機器・試薬が多い様に思います。

  2. すいません
    抗原検査とPCRで早とちりでした。
    但し、日本を含む先進国では大学の研究室も含む各研究機関で半年程度安定したデータが出て始めて承認されます。
    昨年、夏に某2ヶ国数社の製品(CE・FDA含む)を日本に輸入する為に大手臨床試験薬会社で試験してもらった結果どの製品にもバラつきが出て、使い物に成らないと言われ
    輸入を断念したことがありました。
    例えば昨年1月に新型コロナが発生して、臨床試験企業が検査キットを2月に完成させて、日本の厚労省に承認申請をすると最短8月に承認されて世に出ることに成ります。
    6月以前に検査キットは、常識的にはあり得無いことに成ります。

コメントを残す