皆様とどうぞ共有ください!

Jubir Luhut Respons Laporan
ke KPK soal Bisnis PCR:
Suka-Suka Mereka

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 04/11/2021 17:44 WIB


海事投資調整大臣ルフット・ビンサル・パンジャイタンは、PCR検査事業の疑いで汚職撲滅委員会(KPK)に彼の名前が報告された後、心配していませんでした。

海事調整大臣のスポークスマン、ジョディ・マハルディ氏は、ルフット氏の意図は地域社会を支援することだけであると述べた。 彼は、ルフット氏がPCRテスト事業を通じて利益を上げようとしていないことを強調した。

「彼らは噂話が好きだ。私たちは心配しておらず、何も隠しておらず、コミュニティを助けるためにすべてが行われている」とジョディ氏は木曜日(4/11)にCNNIndonesia.comへ短いメッセージで言った。

ジョディ氏は、インドネシアがPCR検査の実施に問題を抱えていた時に、ルフット氏がPT.GSIを共同設立したと説明しました。 彼によると、この事業体は、PCR装置、RNA抽出、およびPCR用試薬の調達を支援するために設立されました。

彼は、ルフット氏がKPKに報告されていることについてこれ以上コメントしなかった。 ジョディ氏はまた、報告書に関するルフット氏自身からのフォローアップを明らかにしなかった。

以前、<豊かな公正な人民党(訂正後)>(政党プリマの議長であるアディル・マクムル)は、PCR検査事業の疑いで2人の大臣をKPK(汚職撲滅委員会)に報告した。

ルフットとは別に、国有企業大臣であるエリック・トヒル氏の名前があります。

このレポートは、Tempo誌がPCR事業へ多数の大臣の関与について調査した、その結果を参照して作成されました。

プリマ党はKPKに、PCR事業の疑いで2人の大臣を調査するように依頼した。

「私たちは外で話をしたいのですが、何人かの大臣がPCRビジネスに関係しているという主張があります。

特に、多くのメディアが言及しているのが海事調整大臣と国有企業大臣だとしたら、それは、ルフット・ビンサル・パンジャイタン氏とエリック・トヒル氏です」と木曜日(11月4日)に、ジャカルタのKPKビルでアリフ氏は言った。



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

コメントを残す