PT. GSI Milik Luhut Punya Lab Modern
dan Kapasitas Besar untuk Tes PCR

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
06/11/2021, 13:27 WIB


PCR試験事業では、海事投資調整大臣(メンコ・マーブス)のルフット・ビンサル・パンジャイタン氏の名前が上がっています。

ルフット氏は、PT Genomik Solidaritas Indonesia(GSI)に、彼と提携している2つの鉱業会社を通じて間接的に出資していることが知られています。

つまり、PT. Toba SejahteraとPT.Toba Bumi Energiです。

PT.GSIは、2020年にCovid-19パンデミックが発生した直後に設立された新しい会社です。

PT.GSIの設立のために、多数の大規模な事業家がいます。

そのうちの1人は、国有企業の大臣エリック・トヒルの兄弟であるガリバルディ・トヒル氏です。

  PT.GSIの主な事業は、PCR検査と抗原スワブを提供することです。 ビッグプレーヤーとして、PTGSIは1日あたり5,000回のPCRテストを実行することさえできます。

PTGSIのラボは非常に近代的です。 この会社は、バイオセーフティーレベル(BSL)2+標準のPCRテストラボを開設しました。

GSIラボは、大規模なだけでなく、より高速なテスト結果を提供するPCRテストサービスを提供できるように設計されています。

「1日あたり5,000のテストを実行できるようにするために、GSIラボには、テスト結果に同じ日にアクセスできるように、最高の基準を適用する大容量の自動化プロセスがあります。」

2020年8月13日のKompas.comニュースから引用した、GSIラボの社長であるニノ・スサント博士は、次のように述べています。

症状のない患者の追跡と隔離を迅速に実行し、症状のある患者を治療できるようにします。

その理由は、追跡、隔離、治療の遅れが、特に感染しているが無症候性の人からCovid-19のより大規模な拡散につながる可能性があるためです。

それに加えて、

インドネシア共和国大統領のジョコ・ウィドドは、PCSのテスト能力を1日あたり30,000テストに増やすという目標を設定しました。

しかし、これまでにインドネシアで実施されたPCR検査の数はまだ比較的少ないことがわかりました。

1日あたり28,000回のテストにしか達していない。

南ジャカルタのチランダクにある彼の研究室でPCRと抗原サービスを開始することに加えて、PT.GSIは、企業や個人消費者向けのホームサービスまたはオフィスサービスも提供しています。

チランダクの他に、PT.GSIのPCRおよび抗原検査事業は、ビンタロタンゲラン、クニンガン、南ジャカルタ、チェンカレン、デポックなどの他の場所にも広がっています。

GSIラボの公式ウェブサイトから引用したPT.GSIでのPCRスワブテストの費用は275,000ルピアに設定されています。

この価格は、PCRテストの最高価格に関する政府の規制に準拠しています。

このようなレートで、PCRテストの結果は同じ日または24時間以内に出てくる可能性があります。 実際、PT.GSIは12時間以内にPCRテスト結果を公開できます。

GSIラボの運用も、月曜日から日曜日までの7日間は休日がなく、営業時間は08.00〜21.00WIBです。

GSIラボの公式ウェブサイトによると、この会社はさまざまな会社から1,000人以上のクライアントを抱えていると主張しています。

<ルフットの反論>

以前、海事水産調整大臣のルフット氏は、PCRテストを提供するPTGSIが運営する事業から個人的な利益を得たことは一度もないことを認めました。

ルフット氏は、海事調整大臣のスポークスパーソンであるジョディ・マハルディ氏を通じて、PT.GSIが運営する事業から、個人的な利益を得たことは一度もないと主張しました。

「これまで、株主への配当やその他の形での利益の分配はありませんでした」とジョディは言いました。

ジョディ氏はまた、ルフット氏がトバ・ブミエネルギーの株式を10%未満しか持っていないことを説明しました。

PT.GSIの株式も保有するトバ・バラ・セジャテラの子会社。

ジョディ氏は、GSIに投資した9人の株主がいたと言いました。

「したがって、ルフット氏はTBSで過半数の支配権を持っていません。

トバ・ブミエネルギーについてはコメントできない」と述べた。

  彼は、ルフットの会社が合弁事業に参加してPT.GSIを設立した理由について次のように述べています。

それは社会的目的のためだけに行われ、事業利益を追求するものではありません。

「したがって、トバ・セジャトラ社のGSIへの参加にはビジネス上の意図はありません」とジョディ氏は述べています。 一方、ジョディ氏は、PT.GSIを通じても、政府を支援するための無料の綿棒テストの提供に多くの貢献をしてきました。

ジョディ氏は言った。

2020年のパンデミックの初期には、インドネシアは人たちにCovid-19テストを提供するという点で依然として制約を受けていました。

「彼らの利点の多くは主に、恵まれない地域社会や最前線の医療従事者に無料の綿棒検査を提供する事だと思います」とジョディは言いました。



Kemchiks-jktlife SakuraParkHotel

皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す